章の構成

 1部 
  1章 これまでの経緯
  2章 うまくいかないネットワークとは
 2部 うまくいったネットワークの構成要素とは
  3章 精神科治療ネットワークが構成できた理由は
  4章 未来がたりのダイアローグ
  5章 オープンダイアローグと未来が足りのダイアローグの比較
  6章 バフチンの思想について
 3部 成功事例の般化
  7章 良い対話 駄目な例
  8章 実質的なエビデンス
  9章 適切な治療のすすめ

うまくいかないネットワーク


.瓮織灰潺絅縫院璽轡腑
 人は100以上の相互作用のシグナルを1秒に発信している スラッカ
(言葉と裏腹な冷たい感じ 少し遠ざけた感じ 壁のある感じ ちぐはぐな態度)
俺が俺が
 問題がなにかを明らかにしようとしている。
 問題の見方の共有を図ろうとしてしまい、一致できないことに悩む。
 上記結果として、個別状況への反応がそれぞれ鈍る
 何かを解決しようとしている
 専門科が無意識に自分の立場や位置づけをはっきりしようとしている。
 自分はどのような立場から状況を見ているのかを知らせようとしている
 アンセルム ストラウス 社会的位階の争い
 その人の見方を排除する 相手の意見を評価する
 専門性のあら捜しをお互いにしていると困難な状況が生じる
かかわりかたの調整
 グループが行き詰ったときがチャンスなのに、そこでの危機介入の議論を躊躇している。回避している。
 相手にこうするべきと押し付けて、無理難題を提案しがち
 大したことが思い浮かばない。
 思い浮かばないので、誰か同じようなことをいってくれな〜と期待する。
 利用可能なリソースを組み合わせて、とりあえずネットワークで解決しようとする。
 コミットメントを避ける。それゆえそっけない態度を取って解決する。日本に良く見られる。
 コミットメントを避けるゆえに、ストレス負荷が調整できない。←考えてみたけどちょっと意味が理解できてない
 自傷他害に及んでいても自分で係り、対処することを案外嫌がることが多い。
 というか↑は本に書いてあるが、実例を経験した側からみると、これはほぼ間違いない。

て鰻船僖拭璽
 相互作用においては感情が主に伝達されやすい。
 強い不安が伝播する。
 専門科が、1人の人として感情的に巻き込まれてしまい
 クライエントに同一化して相互作用に巻き込まれてしまう。
 余りにも緊密な家族の隙間には入っていけない 距離をとられる
 関係の薄い家族同士に入ると問題を共有する時間がない

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます