アデノシン三リン酸
=ぼんばいえー

生物に必要不可欠なエネルギーの供給源です。
植物もバクテリアも、全ての生物はこのATPという小さな分子をADP(アデノシン二リン酸)とリン酸に
加水分解することで生まれるエネルギーによって活動しています。

交感神経が有意な場合、グルタミン酸が亢進
頑張りすぎると、特にアドレナリンなどが過剰分泌される
交感神経が優位な場合、アドレナリンが分泌され、好中球、好酸球、好塩基球が増加
きもちわるいと、ノルアドレナリンが分泌される。やる気がダウンする。

細胞は、糖と酸素からミトコンドリアを経由してATPを生成する。
神経細胞はたくさんのATPを消費する。
虚血になると、ATPを作れない。

ストレス刺激などで細胞が損傷を受けると、ミトコンドリアへ過剰な量のCa2+が流入。
(特にNMDA型グルタミン酸受容体を介した細胞内へのカルシウムイオン(Ca2+)の流入)
ミトコンドリアへ過剰な量のCa2+が流入すると細胞が、枯れる。

こむら返りは、マグネシウムイオンが失われたときにカルシウムイオンのせいで発生する現象。汗をかくことで失われてしまうことによって起きる
筋肉の場合は、過剰に収縮が過剰に起きてしまう。

神経にカルシウムイオンが流入するまで(通常)
シナプス伝達
グルタミン酸が放出、グルタミン酸受容体が活性化して、細胞の電位が変化。そ
電位依存性ナトリウムチャネル開いて、活動電位、
電位依存性カルシウムチャネルが開いて細胞の外から中にカルシウムが流入
興奮を伝える。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます