ドーパミン放出 グルタミン酸の放出を促進
 一般的な成人の場合、10–12 g 以上が危険といわれる
 長期的には胃腸や内臓を弱らせてしまう
 自律神経を狂わせ、それにより肩こり・腰痛・頭痛などの症状を悪化させる
 不眠症や睡眠障害になりやすくなる
 血液の洗浄が遅れ代謝を落とし筋肉を固まらせる作用がある
 体力・免疫力・疲労回復の低下
 感覚遮断効果があり神経を鈍感にし、疲れを感じにくくする(疲れているのに気がつかない)

 亜鉛の吸収率を下げる
 したがって、テストステロンを下げる
 したがって味覚障害を促進させる
 したがって認知機能を低下させうる

全日本コーヒー協会は胡散臭い事を書いている 以下は↑が真実ならうそである 運動能力はよくわからないけど動脈硬化して高まるといえるのか?
カフェインは、摂取後、血流にのり約30分で脳に到達します。
計算力や記憶力の向上、疲労の抑制、運動能力の向上に役立つという研究がありますが、
これらはカフェインの作用と考えられています。
出典 カフェイン | 全日本コーヒー協会

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます