ぽか

「見落とし」「見間違い」「聞き間違い」などのことで、情報を正しく知覚・認知できない

健忘

「中医学では、若年層の健忘の主な原因として『思慮過度(しりょかど)』が挙げられます。簡単に言うと、頭の使い過ぎ。長時間の頭脳労働が増えた現代は、働き盛りの世代にも健忘が起こりやすい」

健忘 脳へ血液が巡らなくなることで、頭がボーっとしたり、言われたことをすぐに忘れる、集中力が続かないなどの健忘症状が表れる。
不安 自分を責めるのも、心が弱った印。精神的に不安定になり、うつと似た状態になる。
不眠 心の異常による精神症状の一つ。すぐ目が覚める、夢を多く見るのも不眠と考える。
動悸 心の働きの低下により動悸や脈が鈍くなるなどの症状が表れる。息切れも併発しやすい。

疲労 食べたものの消化吸収が悪く、エネルギー不足に陥り、疲労感や倦怠感が表れる。
貧血 胃腸での栄養吸収が不十分なために、血液もうまく生産されず、血が不足して貧血に。
生理不順 血の不足や血のコントロールの乱れにより、生理がこない、不正出血などの症状が表れる。
便秘 腸の動きが鈍くなるため、排せつにも問題が。女性は便秘、男性は下痢となって表れやすい。

「やめる」「なくす」「減らす」

あえて実行可能性を無視していえば、ヒューマンエラーを防ぐために最も効果的な対策は、
エラーを誘発する業務そのものをやめることです。
エラーというものは実施する必要がある業務にともなって起こるものです。
つまり、そもそもリスクのある業務を無くすことができれば、エラーも無くなるという考え方です。

この考え方を機会最小といいます。

機会最小とは文字どおり、エラーにつながる機会を最小化するものです。
ヒューマンエラーの対策では、基本的に機会最小から検討すべきです。
リスクのある業務を「やめる」「なくす」「減らす」という対策は、あらゆる対策の中でも極めて効果が高いからです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます