奥田道大は 地域社会の類型し
 .爛蘚地域共同体、主体性はなく排他的ではない
 ¬鬼愎慣臣楼莠匆顱排他的で主体性もない
 市民化社会  主体性はあるが排他的
 ぅ灰潺絅縫謄7臣楼莠匆
とした。

 コミュニティの理論に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。


A テンニース(Tönnies,F.)は,多様なコミュニティに関する定義を整理し,その共通項として,地域性と共同性を挙げた。
B 奥田道大は,住民の価値意識と行動様式から地域社会の分析枠組みを用いてコミュニティモデルを提示した。
C マッキーバー(MacIver,R.)は,社会の統合類型としてゲマインシャフトとゲゼルシャフトを提起した。
D ヒラリー(Hillery,G.)は,コミュニティをアソシエーションの対置概念とし,共同生活と地域社会を関連づけてとらえた。


(組み合わせ)
  A  B  C  D
1 ○ ○ × ×
2 ○ × ○ ○
3 ○ × ○ ×
4 × ○ × ×
5 × × ○ ○


【問題31の解答】4

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます