あっカーマン 家族療法アプローチ
アンソニー ギデンズ 
あさがふさ
一番ヶ瀬康子 社福は生存権の政策 人権の実践 生活問題 運動は発展の契機
ウェルマン コミュニティは解放的に伸びやかな形で存在する。という主張です。
右田紀久恵 地域福祉は生活原則・権利原則・住民主体原則に立脚
エーデル(「医療」から「生活援助や予防」中心へと切り替えた エーデルは委員会の参加者の名前から
エプスタイン 「課題中心モデル」
大河内一男
岡村重夫 社福は社会調整の技術 固有論

考橋しょういっつぁん
ゴードン

サラモン ボランタリーの失敗 公私の連携による第3者政府
ソロモンB エンパワメント
ジャーメイン 生活モデルを提唱
じゃぁメインはギターで生活するわ

ジャレット
ズービン 脆弱性モデル

竹内愛二 社福は科学的社会事業
ティトマス 残余的福祉モデル、産業的業績達成モデル、制度的再分配モデル
トマス 行動変容アプローチ すべての行動は経験を通して学習されたものであると考える治療方法。

パールマン 課題解決型アプローチ 
ホリス 心理社会的アプローチ

ビアーズ
ビエラとカナダのキャメロン デイケアの創始者
ぴねる 
閉鎖病棟 793なくさへん?

ペストフ 営利目的公的フォーマル 福祉トライアングル

マイヤー エコシステム理論
マイルズ 社会環境条件 「リッチモンドに帰れ」
牧賢一 コミュニティオーガニゼーションの機能 合同財政 連絡調整などの社会的機能
マックス・ウェル・ジョーンズ イギリス 治療共同体 (1907-1990) 戦争ストレス反応の患者などの治療にあたった。
三浦文夫 社福は政策 経営論
メアリーリッチモンド
メアリー オヘイガン サバイバー

ラップ ストレングス モデル
ラポポート 危機介入アプローチ 適切な時期に、迅速に、危機介入していく援助方法

リバーマン SST
ロビンソン 機能主義ケースワークとは,クライエントの自由な意志を尊重
リード 「課題中心モデル」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます