TEACCH

物理的構造化
 意思表示をイラストや写真を使って行うようにします。
 環境ノイズの調整

「親は共同療育者」
「地域に根付いたサービス提供を実現すること」

脳性まひの場合の留意事項


ー鴫
∩音
4超光
だ気靴せ兩保持
Tさんは自宅で市販の座いすとコタツを使って食事をしていましたが、いすが壊れて後ろに倒れたことがあり、今は割座(トンビ座り)で生活しています。
割座は膝や股関節に負担がかかるので、床上でサドルに跨って座るいすをデザインしました。
骨盤が安定する形状にウレタンフォームを削ってサドルを成形し、骨盤の後方と背中の形状に合わせてバックサポートを製作



※4歳から18歳のASD合併率は児童で11% 広汎性発達障害 PDD 4%
36人いる場合、合併率15%なら5.4人
エビデンス https://minds.jcqhc.or.jp/n/cq/D0000864

不穏な行動と環境

ワークシステム
,匹鵑奮萋亜奮惱や作業)をするのか
△匹里らいの時間、あるいは量の作業や活動をするのか
その課題や活動はいつ終わるのか
そわった後は何をするのか、何をしてもよいのか
佐々木正美, 『自閉症児のためのTEACCHハンドブック (ヒューマンケアブックス) 』, 2008年, 学研プラス
出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4054031536
ASDの人々が、教室や作業所で不適応行動(かんしゃく、暴れるなど)を起こす場合、上記のようなことが整理されていないために、困惑や混乱をしている場合があります。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます