児童虐待

厚生労働省の平成20年度の統計によれば、心中以外で虐待死した児童67人中4.5%にあたる3人の児童が、代理ミュンヒハウゼン症候群により死亡しており[2]、決して無視できる数字ではない。
決められた時間内に給食を食べられない園児に対し、椅子の上に給食を置き、正座して食べさせるなど、虐待を疑わせる行為

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170309/k00/00e/040/2...
Copyright 毎日新聞
 児童虐待はPTSDを生じうる。
 「援助方針会議」は、児童相談所での虐待ケース対応について、要保護児童援助の方針を決める会議名称
 「要保護児童対策地域協議会の個別ケース検討会議」は、スクールソーシャルワーカー主導の会議

1933(昭和8)年)、

「児童虐待防止法」制定。

児童の労働酷使が中心。
◎児童虐待防止法は1930年前後の大不況により欠食児童や身売りされる子どもが増加するなかで,1933年に制定され(昭和8年法律40号),1947年児童福祉法の制定によって廃止された法律。
14歳未満の子どもを保護する責任のある者に対し,刑罰法令に抵触するか,そのおそれのある子どもの虐待を行った場合,訓戒,条件つき監護命令や,私人や施設への子どもの委託を行うとした。また子どもの虐待につながる業務や行為を禁止し,違反者には懲役や罰金を科した。

高齢者虐待

車椅子のテーブルをつける。
転落防止のためにひもで縛る。
Y字型抑制帯をつける。
立ち上がりにくいいすを使う。
つなぎ服を使用する。
過剰沈静。
開けない扉。


高齢者虐待とは、次のような行為を言います。
身体的虐待 暴力的な行為などで、身体に傷やあざ、痛みを与えたり、外部と接触させないような行為。
介護・世話の放棄・放任 高齢者が必要とする介護や医療のサービスなどを受けさせない、衛生状態が悪いなどの劣悪な環境で生活させること。
心理的虐待 暴言、無視をする、威圧的な態度をとる、侮辱するなどして、精神的、情緒的に苦痛を与える。
性的虐待 合意のないあらゆる形態の性的な行為を行ったり、強要する。排泄の失敗に対して懲罰的に下半身を裸にして放置するなど。
経済的虐待 高齢者の年金を勝手に使用したり、財産を無断で売却する。日常的に必要な金銭を理由無く渡さない、使わせないなど。

↓たぶんいい本と思われる パーソンセンタードケア重視の人なので
高齢者虐待の予兆察知―在宅介護における家族支援と対応のポイント 加藤 伸司/矢吹 知之【編著】

家族や介護職員等から虐待を受けていると思われる高齢者を発見したら、 市町村等への通報を
老人福祉法に基づく職権による入所措置
市町村は、65歳以上の高齢者について、必要に応じて、その職権により、特別養護老人ホーム等への入
所等の措置を執ることができる。
○ 養護老人ホームへの入所措置
身体上若しくは精神上又は環境上の理由及び経済的理由により、居宅において養護を受けることが困
難な場合(老人福祉法第11条第1項第1号)

○ 特別養護老人ホームへの入所措置
身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受ける
ことが困難な人が、「やむを得ない事由」により介護保険法に規定する介護老人福祉施設に入所すること
が著しく困難であると認める場合(老人福祉法第11条第1項第2号)

○ 短期入所施設等への短期入所措置
養護者の疾病その他の理由により、居宅において介護を受けることが一時的に困難となった者が、「や
むを得ない事由」により介護保険法に規定する短期入所生活介護を利用することが著しく困難であると
認めるとき(老人福祉法第10条の4第1項3号)

※「やむを得ない事由」の解釈
 )椰佑家族等の虐待又は無視を受けている場合
◆’知症その他の理由により意志能力が乏しく、かつ、本人を代理する家族がいない場合を想定している。
また、次により「やむを得ない事由」が消滅した時点で、措置を解除し、契約に移行する。
・特養に入所すること等により、家族等の虐待又は無視の状況から離脱し、介護サービスの利用に関する「契約」やその前提となる要介護認定の申請を行うことができるようになったこと。
・成年後見制度等に基づき、本人を代理する補助人等を活用することにより、介護サービスの利用に関する「契約」やその前提となる要介護認定の「申請」を行うことができるようになったこと。

本人・家族の状況/虐待の状況
[本人]70歳代の女性
要介護申請なし、認知症様症状あり
[家族]息子:診断はないが判断能力が不十分(二人暮らし)
[虐待の状況]息子より地域包括支援センター(行政)に電話が入り、「母が制止を聞かず出かけることが多く、外出
先で転倒して救急車で運ばれたりする。」との相談あり。事実確認の経過の中で、身体的暴力や暴言などの実態があることが明らかになる。

対応に関係した機関・関係者
○地域包括支援センター(行政)○保健所地区担当保健師○医療機関(精神科医師、 PSW )○介護支援専門員○デイサービス事業所○民生委員
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/ninc...

DV

障害者虐待



長男(再婚)家族と同居する80代の女性で軽度の認知症がある。ADLは概ね自立。長男の
単身赴任をきっかけに長男の妻からの暴力が顕在化、次第にエスカレートしてきた。ケアマネ
ジャーは、保健センターの協力を求め、長男を説得しショートステイによる分離を図った。
http://www.cyomeisou.or.jp/service.html#sh

施設の虐待

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます