ラスボスっぽい

定義

血液の流れに障害が生じている状態

CRPを調べると何がわかるのか?

CRP=炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するたタンパク質
炎症が起こったときに、24時間以内に急増し、2〜3日後には減少するので、炎症の早期診断に役立ちます。
また、ほかの検査と組み合わせることによって、急激な組織の破壊や病気の重症度、経過、治療成績などを判定することができます

原因となること 寄与率が高いと思う順にソートする予定

怪我をした→CRP(炎症検査の項目)の上昇
風邪をひいた→CRP(炎症検査の項目)の上昇

.好肇譽垢料加→CRP(炎症検査の項目)の上昇

ざんぎょう 夜勤 ざんぎょう 夜勤 休日出勤 当直の電話 rrrr うきゃー

環境の変化のストレス
結婚した。合格した。びっくりするような嬉しいことがあった。
引っ越した。怪我した。 介護施設に入った 手術した。昨日、嫁さんとケンカした。
薬剤。体調が悪い。 インフルエンザ 脱水  便秘
交感神経優位の状態が長く続くと、血管が収縮して血流が悪くなり(虚血)
ガンをはじめ高血圧、糖尿病、高脂血症、腰痛などの生活習慣病が起こってきます。
手足の冷えはもちろんですが、血流が悪いことによって低体温になります。

◆嵜事をバランスよく摂れていない」 →CRP(炎症検査の項目)の上昇


腎臓が困って蛋白尿になる4大理由
,燭鵑僂質を食べすぎた
塩分を取りすぎた
7鮃にいいから納豆とトマトジュースをどばっとのんでカリウムをたくさん取っている
つ食を抜いた あるいは馬鹿食いしている

医療費の値上げw いや笑い事じゃないかもしれない
貧困 野菜を買うお金がないので うどんかインスタントラーメンにした。
わたしはお米が好きだ!
私はポテチがいのちだ! ラーメン屋をめぐるのが生きがいだ! うん。。そうか。
外食をしている 夜勤だ。
甘いもの 辛いもの 脂質の高いものが好きだ 糖尿病関連 →浮腫 脚気
ビタミンE不足 体が冷えている
ビタミンB1欠乏し、脳内の血流障害発生 アルコールなどで
ビタミンB12欠乏し、血漿ホモシステイン増加 脳内の血流障害
アラキドン酸 亜鉛
胃ろうによる咀嚼力の低下
アルコール依存症等
虫歯などで歯が減り、咀嚼力が低下する
歯周病の進行→糖尿病関連
歯周病の進行→目の充血→糖尿病性網膜症 はいこれわたしw

「睡眠を充分とれていないから」脳内セロトニン産生の低下。  IL8等 好中球走化因子の増加

心理的ストレスによる体温上昇は炎症性サイトカイン
アラキドン酸カスケードではない PGE2非依存性
運動不足 ADLが低下している 
寝不足などのストレスによってリンパ球は激減する
運動不足などによって副交感神経優位の状態が長く続くと、血管が拡張して血流が停滞し(うっ血)、
アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、うつ病などの病気になります。
この場合も、運動不足が続くと筋肉の発熱量が低下し、いずれは低体温になります。

加齢 甲状腺ホルモン 副腎ホルモン ,離好肇譽垢ら→エストロジェンの低下

のりやひじきを最近食べていない
甲状腺機能低下症

嚥下 姿勢

口呼吸 咀嚼、歯のかみ合わせ
背中曲がり 体のゆがみ・悪い姿勢 副腎ホルモン

イ修里拭“乕罎悗留洞舛覆

汗をかいている オムツをはいている 便失禁がある
冷え症 血塊 静脈瘤 心疾患レイノー病

テ鷦_从

抗精神病薬によるEPS

基本的に抗精神病薬は全然体に悪い
オランザピン MARTA クエチアピン MARTA クロザピン 優秀とかいわれてるけど血液障害と糖尿病、腸閉塞の発現率が高い
アリピプラゾール DSS エビリファイは糖尿病禁忌 社会的機能の改善 European neuropsychopharmacology誌2014年4月号
ペロスピロン SDA 糖尿病不可 リスペリドン (腎臓への負担大)SDA 社会的機能の改善 European neuropsychopharmacology誌2014年4月号
眠気が取れない人が多い そして苦い パリペリドン (腎臓への負担大)SDA インヴェガ リスペリドンとの併用は避ける
ブロナンセリンSDA ロナセンD2受容体に一番結合する アカシジア多め 肝機能 糖尿には悪影響ではある
抗コリン作用による排尿障害、イレウス 便秘・口渇・尿閉・眼圧上昇・目のかすみ・眠気・認知機能低下
睡眠薬の抗コリン作用 湿疹や蕁麻疹などの発疹 めまいやふらつき 目のかゆみ、目のかすみ、瞼のけいれん
手足のしびれやけいれん 幻覚、妄想などの症状 よだれ、ふるえ、発熱

認知症薬 三環系抗うつ薬 からの前立腺肥大症

塩酸ドネペジルから排尿障害
くすり カルシウム拮抗剤 トリプタン製剤 甘草を含む漢方
ガランタミン(商品名レミニール)→排尿障害
認知症患者にコリンエステラーゼ阻害薬(CHE-I)を処方、頻尿症状(過活動膀胱)を誘発、抗コリン剤(プロピぺリンやオキシブチニン)を処方する

認知症薬 三環系抗うつ薬 からの腸の動き低下

セロトニン産生 低下
カルチノイド症候群 リンパ節転移 悪性腫瘍
イレウス

抗体の活性化

顆粒球=(好中球、好酸球、好塩基球)


・好中球(Neut)…アメーバのように動き、外部から侵入した異物を取り込み(貧食能)、これを殺菌する(殺菌能)機能

自律神経失調症やパニック症の人の血液を調べると、顆粒球が増加し、リンパ球が減少していることが判る。
逆に、体内の顆粒球が増加しリンパ球が低下してる人は、自律神経失調症やうつ病になりやすいということでもある。
自律神経失調症の方に、手足の冷えを訴える方が多いのは顆粒球が多いからである。
更に組織障害を起こし、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、関節炎などの自己免疫疾患や、顆粒球が死ぬ時に出す活性酸素で「がん」を引き起こすことにもなります
http://bloom.at.webry.info/200801/article_5.html


こっから↑原因 ↓結果

脳の血流障害

不定愁訴(様々な自覚症状)体のだるさや倦怠感 せん妄

ICD上の障害

灰白質へのダメージが先行すると思われる
  • 認知症 主に脳血管性認知症 前頭葉に集積欠損が発生
パーキンソン 脳幹 線条体へダメージ=睡眠不足 美しさに対する意識の欠如 交感神経と副交感神経の緊張が入り乱れ
脳血管障害性パーキンソン症候群 
レヴィ パーキンソン+後頭部 
 錐体外路障害  嚥下 自律神経低下
アルツハイマー病では頭の後方に当たる頭頂葉から後頭葉に
統合失調症は脳内の虚血によりグルタミン酸過剰により発症することが認められている
16疾病
じ綵朕拌唸化症 脊髄や脊髄から分枝する神経根が押されて、感覚障害や運動障害等の神経症状を引き起こす  嚥下
Э聞埓核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 認知症
╂埒饐脳変性症  認知症
脳血管疾患 首がふらふら動く ふらつき 脳血栓一過性 脳虚血発作 多発性脳梗塞

動脈の「血流障害」


血管の動脈硬化による「閉塞性動脈硬化症」ASO(Arteriosclerosis Obliterans)または「末梢動脈疾患」
血管の炎症による「閉塞性血栓性血管炎」
膠原病によるもの
不整脈などで出来た血の固まりが、足の動脈につまったもの


,ん 
6攬狃明側索硬化症(ALS) 嚥下
関節リウマチ 副腎ホルモン
以儼狙関節症(両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴うもの) 副腎ホルモン
ス粗鬆症(骨折を伴うもの)背中曲がり  副腎ホルモン

手足への影響

手・足のひび割れ・あかぎれ じょくそう
湿疹や皮膚炎、乾癬

かみそりまけ 尋常性毛瘡
ほうそうえん 広い範囲がぼんやり赤く硬くなってはれ、熱感とさまざまな程度の痛み 白血球が増え、CRP(炎症検査の項目)の上昇
うっ滞性皮膚炎
痒疹、 末梢の循環血液量が減少しているために傷の治癒に時間がかかる
ストロフルス ようしん 固定じんま疹

目への影響

かすみ ゆがみ 疲れ目 充血 アレルギー
 加齢黄斑変性
糖尿病性網膜症→白内障→緑内障
色素変性症もかんけいあんのかな?不明

耳への影響

統合失調症の急性期症状は炎症ー修復反応
1.神経細胞が枯れかかるような変化を受けると
2.細胞内ATPが細胞外へ漏出する
3.ATPはミクログリア表面にあるATP受容体を介してミクログリアを活性化させる
4.活性化したミクログリアはBDNF(脳の肥料)を産出し、神経細胞の修復を試みる
5.障害が重度で直接的修復が不能な程度となると、その神経細胞を排除するために、IL−1β、TNF−α、IL−6などの炎症性サイトカインを放出し、炎症ー修復反応を開始
6.炎症性サイトカインはアストロサイトに作用し、炎症終息に向かうサイトカインを放出する
7.抗炎症性サイトカインはミクログリアを活性化させ、炎症ー修復反応が進展する(急性期症状)幻聴の出番はここ

臓器への影響

胃痛
胃酸 誤嚥 肺炎
胃・十二指腸潰瘍

とうにょうびょうからのー腎機能低下
慢性腎不全
脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓がん
不整脈

浮腫の為 肝臓の機能低下
テストステロン減少からの前立腺肥大 副腎ホルモン
パーキンソン病からの排尿障害 
薬剤からの 排尿障害
膀胱の神経障害 排尿障害
→尿意があるのに排尿できないことによる苦痛,不安,緊張などにより,頻脈,血圧上昇に再度ループ

腸内の血行障害

急に腹痛や下痢が発生する
便秘状態になっている
血便や下血が見られる 出血量が多い
虚血性大腸炎
小腸が虚血性壊死
有害な食べ物を解毒できずに体内に吸収してしまいます。
これが再び血行に乗って血液を汚してしまうことがアレルギー →アレルギー形の疾患に移行する
イレウスは腸管麻痺に限定して腸閉塞と区別する

静脈の「血流障害」

浮腫 として現れる
静脈血栓症
下肢静脈瘤
静脈炎

リンパは下水

がんの手術等でリンパの流れが悪くなった場合も足はむくみますが、これは「リンパ浮腫」
リンパ節はフィルターの働きをして、老廃物や細菌などの有害物質を濾過する「排泄機能」を持ち、
リンパ節やリンパ液は、細菌などの有害物質から身体を守る「免疫機能」の働きをする。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます