直接の原因

構音器官が欠損
脳卒中などの脳血管障害や、パーキンソン病などの神経筋疾患により、発音に関わる動作ができない

できること

舌の運動訓練テクニック
構音訓練
口唇・頬の運動訓練
自動運動
 「イー」と発声させて口唇を横に引く運動、「ウー」と発声させて口唇を突出させる運動
他動運動
 電動ブラシの背側を用いて口唇の白唇部に刺激を与える方法
抵抗運動
 よくわからんかった

構音訓練

口唇の閉鎖機能を高める運動として口唇音(両唇音)の「パ、バ」を発音する訓練を行なうが、
これは音と動作が一対一の対応関係にあることを根拠としている。食物の取り込みでは舌尖音
(歯茎音)の「タ、ダ」が、送り込みには「ラ」が、
鼻咽腔閉鎖には「カ、ガ」の音を発音することでその器官の訓練に結びつくことになる。
構音訓練に際しては、単音→単語→文章と難易度を上げていくようにするとよい。

pushing exercise
 壁や机などを押しながら上半身に力を入れて強く発声する

音声治療

反回神経麻痺は声帯を動かす筋肉を支配している反回神経が、麻痺することによって起こります。
左声帯と右声帯との隙間がかなり狭いようであれば、音声言語治療士による指導のもとで発声訓練を行い、
声の出し方を矯正することが有効です

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます