親のクレジットカードを勝手に使って、親に返済させているAは罪に問えるか?

YES
同居親族間の窃盗罪は、確かに成立はします。
ただ、処罰が免責されるだけです。
一度、警察に相談して、説教をしてもらうのもいいでしょう。

日本の最高裁判所は,2004(平成16)年 2 月 9 日の決定において,
仮に,被告人が本件クレジットカードの名義人から同カードの使用を許されており,
かつ,自らの使用に係る同カードの利用代金が会員規約に従い名義人において決済されるものと誤信していたという事情があっても,
詐欺罪が成立すると述べた。これによって,家族間でのカードの貸借による使用も詐欺罪となる

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=5...
そもそも約款に違反しているので問える。
http://card-professor.jp/entry-19/

でもお金を払っちゃうと追認にナル。
家族や恋人に無断使用された料金を、一部でも支払いをしてしまうと、利用の事実を後で承認した形となってしまい、
このように後から承認することを「追認」と呼ばれていて、例え不正利用でもその利用を承認したことになるのです!
もしも不正利用されてしまった場合には、必ずカード会社に連絡しておかないといけないのですが、
家族や恋人が不正利用をした場合は、多くの場合、盗難補償は受けることが出来ないので、現実的には諦めるしかないでしょうね。

親の銀行のカードを盗んで、ATM口座からの送金した事実を知り、金一万円を引き出した場合 これは罪にあたるか?

窃盗は預金について何の権限もないのにATMで引き出した場合、詐欺は預金について何の権限もないのに窓口で引き出した場合に問題になり得ます

第244条 配偶者、直系血族又は同居の親族との間で第235条の罪、
第235条の2の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は、その刑を免除する。
第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

刑法244条1項によって免除される親族は、
’朸者(別居していてもよい)、直系血族(別居していてもよい)、F欝錣凌涜欧世韻任
窃盗罪での逮捕後の流れ

逮捕された後、微罪処分となった場合、即解放されることになりますが、逮捕された事件のうち、
検察に送致される割合はおよそ93%と、微罪処分となるケースはそこまで多くありません。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_...

法テラス 無料相談にいきつく

メリット
法的に事故処理ができる。お金は戻らないと思うが 再犯を防げる。
市役所が遠い場合に、成年後見の相談に使える。
生活再建含めて考えられる。

http://www.houterasu.or.jp/service/taimen_soudan/i...

平日の9:00〜21:00、土曜日の9:00から17:00(日曜祝祭日・年末年始休業)

利用料:0円
通話料:0570-078374または0570-079714にかけた場合(ナビダイヤル)
固定電話からは、全国一律3分8.5円(税別)携帯電話からは、20秒10円程度(税別) 固定電話からかけるに限る!
公衆電話からは、全国一律1分10円03-6745-5600または03-6745-5601にかけた場合 IP電話からは、3分約8.4円(税別)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます