include.h

障害福祉サービスの利用について 社会福祉協議会
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-122000...

法律

2012(平成24)年6月27日に公布された
「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律」
(平成24年法律第51号)により、従来の障害者自立支援法は、障害者総合支援法になった。

 崗祿可度区分」→障害者支援区分 できるときより できないときの方を考慮する。
◆峩ζ雲験莢雜遏淵吋▲曄璽燹法廣「共同生活援助(グループホーム)」に一元化された
C療障害と精神障害の対象者が重度訪問介護が利用可能になった。逆にいまさら感がぱねぇっす。
せ垓萃村が実施する地域生活支援事業の必須事業がふえた。
 障害者に対する理解を深めるための研修・啓発
 障害者やその家族、地域住民等が自発的に行う活動に対する支援
 市民後見人等の人材の育成・活用を図るための研修
 意思疎通支援を行う者の養成(手話奉仕員の養成を想定)
ナ〇齋弉茲砲舛磴鵑函サービス提供体制の確保に係る目標に関する事項」と「地域生活支援事業の種類ごとの実施に関する事項」を加えた
 メニューのないラーメン屋が一軒とかやめてってこと。


障害者自立支援法 2006年施行 2005 平成17年11月小泉さまが可決
1割負担に対して生活を維持できない人が多数発生
2010 法律から「その有する能力及び適性その他能力に応じて」の法文が削除
障害者総合支援法 2013年4月施行 平成25年4月1日
障害者の定義に難病等を追加
平成27年 障害福祉サービス等の対象となる難病等の疾病が151疾病から332疾病へ拡大
重度訪問介護の対象者の拡大
地域移行支援の対象拡大 保護施設、矯正施設等を退所する障害者
地域生活支援事業の追加
 仝修啓発⊆発活動支援市民後見人研修ぜ袁段仕人などの養成
 ダ賁臈意思疎通支援 Νイ旅域連絡調整

(目的)
第一条  この法律は、1970障害者基本法の基本的な理念にのっとり、身体障害者福祉法 (1949)、知的障害者福祉法 (1960)、精神保健福祉法(1950-65-87-95)、児童福祉法 (1947)と相まって、個人としての尊厳 日常生活又は社会生活を営むこと
障害福祉サービスに係る給付、地域生活支援事業 福祉の増進
障害の有無にかかわらず安心して暮らす地域社会の実現 を目的とする。

第二条  市町村は責務を有する。
自立支援給付 地域生活支援事業 相談に応じ、必要な調査及び指導 意思疎通
2 都道府県は責務を有する。
必要な自立支援医療費 地域生活支援事業 相談及び指導のうち専門的なもの
国及び地方は提供体制の確保に努めなければならない。
(国民の責務)
第三条  すべての国民 努めなければならない。
第四条  この法律において「障害者」とは、
身体障害者福祉法第四条 に規定する身体障害者、
知的障害者福祉法 にいう知的障害者のうち十八歳以上である者及び
精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第五条 に規定する
精神障害者(発達障害者支援法に規定する発達障害者を含み、知的障害者を除く。「精神障害者」という。)のうち十八歳以上である者並びに治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であって政令で定めるものによる障害の程度が厚生労働大臣が定める程度である者であって十八歳以上であるものをいう。
「障害児」は、児童福祉法第四条をいう。
「保護者」は、児童福祉法第六条をいう。
「障害支援区分」は、標準的な支援の度合を総合的に示す省令で定める区分。
第五条  この法律において「障害福祉サービス」とは、

-介護給付費 ●行動援護=移動障害の1点以上 身体介護は2以上 歩行 移乗 移動 排尿 排便
●居宅介護=障害支援区分1以上(児童の場合はこれに相当する心身の状態)
●短期入所=区分1以上ショートステイ レスパイト 
●生活介護=3以上 50歳以上区分2(入所は区分3)以上
●同行援護=知的精神 区分3+行動関連項目
●施設入所支援=区分4以上 50歳以上区分3 主に夜間生活介護  
●重度訪問介護=二肢麻痺+区分4+「歩行移乗排尿排便」必要
●重度訪問介護=重度の知的障害者、重度の精神障害者  2012年に対象が拡大
●療養介護、ALS+6 OR ジストロフィーか重症心身障害者の5以上
●重度障害者等包括支援=区分6 四肢麻痺 OR 知的障害 OR 強度行動障害

-ここから訓練給付----- ●共同生活援助(訓練等給付)障害のある方
●自立訓練(訓練等給付)
●自立訓練(機能訓練)理学療法、作業療法 生活相談
●自立訓練(生活訓練)生活相談、退院者への支援、特別支援学校卒業者への訓練
 視覚障害者リハビリテーション
●就労移行支援(訓練等給付))障害のある就労を希望する65歳未満 2年間
就労継続支援(訓練等給付)移行支援利用の結果、A型B型の利用が適当と判断された
をいい、
「障害福祉サービス事業」とは、
のぞみの園,
施設障害福祉サービス
を行う事業をいう。

(自立支援給付)
第六条  自立支援給付は、特例・・・割愛
●自立支援医療費、
 精神医療 負担 精神(負担率:国1/2、都道府県等1/2)
 育成医療 負担 障害児(負担率:国1/2、都道府県等1/2)
 更生医療 負担 身体 (国1/2 府1/4 市町村1/4)
●計画相談支援給付費(サービス利用支援 継続サービス利用支援)
●地域相談支援給付費(入院者の地域移行支援、居宅障害者の地域定着支援)
●介護給付費(第7条がからむ)
●訓練等給付費
●補装具費(第7条がからむ)
  治療的要素のある場合は医療保険で対応
  労災関係、介護保険関係等の他法優先。
●高額障害福祉サービス等給付費 償還払い 介護保険サービス含めての支給とする
第七条(他の法令による給付等との調整)
 自立支援給付は、当該障害の状態につき、介護保険法による介護給付 健康保険法の療養の給付を受け利用することができるときは行わない。

第八条 (不正利得の徴収)金額の全部又は一部を徴収
第九条  市町村等は職員に質問させることができる。
第十条  市町村等は自立支援給付について施設に立ち入り、帳簿を検査できる。
第十三条 (受給権の保護)自立支援給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることができない。
(租税その他の公課の禁止)
第十四条  租税その他の公課は、自立支援給付として支給を受けた金品を標準として、課することができない。
第十五条  第二十六条第二項に規定する審査判定業務を「市町村審査会」がやる。
委員の定数は、政令で定める基準に従い条例で定める数とする。5人
○介護保険では、審査請求が介護保険審査会となっており再審査の制度はないそうだ
●障害年金に関しては、再審査請求がある 社会保険審査会
●障害サービスに関しては調べ中
すでに審査請求期間が60 日から3か月に延長された
障害福祉サービス等の支給決定に納得できない場合は行政不服審査になるので
再審査請求が出来ると考えたい。社会保険審査会かな?
(介護給付費等の支給決定)
居住地(わからなければ現在地)の市町村が行う 
(申請)
第二十条   市町村に申請をしなければならない。
指定一般相談支援事業者に委託できる
(障害支援区分の認定)
第二十一条  市町村審査会(5人)が行う当該申請に係る障害者等の障害支援区分に関する審査及び判定の結果に基づき、障害支援区分の認定を行うものとする。

第二十二条 (支給要否決定等)
市町村審査会、身体障害者更生相談所等は
市町村は、指定特定相談支援事業者が作成するサービス等利用計画案の提出を求めるものとする。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます