○性同一性障害特例法
2003年(平成15年)7月10日に当事者の宮川結衣らによって成立した日本の法律。
 
 性別取り扱い変更 は20になってから


 MTFは男→心は女

「ブルーボーイ事件」とは、1964年に十分な診察を行わずに性転換手術(現在の性別適合手術)
を行った産婦人科医師が、1965年に麻薬取締法違反と優生保護法(現在の母体保護法)違反により逮捕され、
1969年に有罪判決を受けた事件。優生保護法違反の方が重い量刑を下された。
当時の優生保護法第28条「何人も、この法律の規定による場合の外、故なく生殖を不能にすることを目的として手術又はレントゲン照射を行つてはならない」に違反したものとされた。

ガイドライン
「ブルーボーイ事件」の判決には「性転換手術に関する考え方」が示されていた。
同事件では、十分な診察、検査、検討を行わずに、また同意なども得られていないなど
手続きが不完全であることから正当な医療行為として容認できないとの有罪判決がなされた。
判決文全体を十分に吟味すれば、十分な診察、検査、検討を行い、
当事者の同意が得られれば「性転換手術は正当な医療行為である」と解釈できる内容であったにもかかわらず、
巷では「性転換手術は優生保護法違反である」との結論の一部だけが一人歩きすることになった。
この呪縛を打ち破るために、日本精神神経学会・性同一性障害に関する特別委員会は、
平成9年5月28日付「性同一性障害に関する答申と提言」のなかで
「性同一性障害の診断と治療のガイドライン」(以下、初版ガイドライン)4)を公表した。
これ以後は、日本精神神経学会のガイドラインに沿った性別適合手術は、「正当な業務による行為」、
すなわち、「正当な医療行為」と云うことができるようになった。

2 人の精神科医が一致して性同一性障害と診断することで診断は確定する
https://www.jspn.or.jp/modules/activity/index.php?...

(1)ジェンダー・アイデンティティの判定
詳細な養育歴・生活史・性行動歴について聴取する。DSM--TR や ICD-10 を参考にしながら性別違和の実態を明らかにする。
診察の期間については特に定めないが、診断に必要な詳細な情報が得られるまで行う。
(2)身体的性別の判定
身体的性別の判定は原則として、MTF は泌尿器科医、FTM は婦人科医により実施される。 身体的性別に関する異常の有無が総合的にみて判定できれば良い。
(3)除外診断
統合失調症などの精神障害によって、本来のジェンダー・アイデンティティを否認したり、
性別適合手術を求めたりするものではないこと、
反対の性別を求める主たる理由が、 文化的社会的理由による性役割の忌避や
もっぱら職業的利得を得るためではないことを確認する

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます