1 精神疾患総論(代表的な精神疾患について、成因、症状、診断法、治療法、経過、本人や家族への支援を含む)
1)精神医学、医療の歴史と現状
2)精神現象の生物学的基礎
脳の構造
前頭葉 意欲
 側頭葉 言葉
 後頭葉 視覚
 頭頂葉 バランス
  • 大脳基底核 間脳と大脳をくっつけている
    • 線条体 尾状核 黒質緻密部(ドパミン) 側坐核(快楽制御) 扁桃体(感情制御)
  • 間脳はししょうと視床下部のこと
    • 視床下部  視交叉上核 概日リズム
    • 松果体 メラトニン
  • 脳幹 
    • 中脳 聴覚刺激への反射 
    • 橋 三叉神経 青班核 ノルアドレナリン LCは鬱病、パニック障害、不安に関係 アルツハイマーにも関係 自閉症の行動はLC-NA系の機能不全
    • 延髄 呼吸中枢 嚥下中枢 交差 錐体路
  • 脊椎 温度 痛み 触角

3)こころの理解 こころの生物学的理解、精神分析から見たこころ
4)精神障害の概念 健康、精神症状、精神疾患、精神疾患に由来する障害
5)精神疾患の成因と分類 三大分類、国際分類法
6)代表的な疾患 統合失調症、気分障害、ストレス関連障害、認知症、発達障害
7)精神症状と状態像 8)診断の手順と方法 9)身体的検査と心理的検査
2 精神疾患の治療
1)精神科薬物療法
薬理作用と副作用
2)電気けいれん療法などの身体療法
3)精神療法
4)精神科リハビリテーション
家族療法
心理教育
SST(社会生活技能訓練)
デイケア
5)環境・社会療法
3 精神科医療機関の治療構造及び専門病棟
1)疾病構造と医療構造の変化
2)外来診療
3)在宅医療(訪問診療、往診等)
アウトリーチ型医療
4)入院医療(さまざまな専門病棟等)
4 精神科治療における人権擁護
1)精神科治療と入院形態
指定医、病棟特性、処遇
2)インフォームドコンセント
3)隔離、拘束のあり方
行動制限最小化
4)精神科救急医療システムとその対象
5)移送制度による入院
5 精神科病院におけるチーム医療と精神保健福祉士の役割
1)報告、連絡、相談、カンファレンス等
6 精神医療と福祉及び関連機関との間における連携の重要性
1)治療への導入に向けた支援
2)再発予防のための支援
3)退院促進の支援
包括型地域生活支援プログラム(ACT、PACT)
4)心神喪失等の状態で重大な他害行為を行なった者の医療及び観察等に関する法律(医療観察法)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます