○精神保健福祉士法 1997

定義

義務

精神保健福祉制度の歩み


○精神保健福祉士の専門性

日本精神保健福祉士協会倫理綱領

  • IFSW倫理綱領
  • 倫理的ジレンマ

○ソーシャルワークの形成過程

○ソーシャルワークの価値と理念



○相談援助の基本的考え方


ソーシャルプラニング
 社会における課題を明確に、福祉計画を作成する援助技術
ソーシャルアドミニストレーション
 社会福祉施設や組織の援助技術
ソーシャルアクションとは行政を巻き込んだ課題解決を目指す援助技術
ソーシャルワークリサーチはニーズ把握の為の社会調査
個別支援計画では相互の信頼関係を作ることが重要。


1)人権尊重
2)社会正義
3)利用者主体
4)尊厳の保持
5)権利擁護
シチズンアドボカシーは法の問題点を市民が吟味指摘すること
クラスアドボカシーは同様のニーズを持つ特定の層での変革を目指すこと
セルフアドボカシーは当事者側からの権利主張のこと
アドボカシーとは生活支援のための幅広い積極的な実践内容 単なる代弁ではない
権利擁護の機能 発見 調整 介入 対決 変革

6)自立支援
7)社会的包摂
8)ノーマライゼーション
 1950年〜60年 バンク ミケルセン デンマークの知的障害者の親の会
ニィリエ、ノーマライゼーションの原理 8つ 1969
○医療機関における専門職

■医師

■薬剤師
 薬剤師法が根拠法
「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する任務者」であり(薬剤師法第一条)
 薬剤師が処方箋なしに調合することは禁止
■看護師、
 保健師助産師看護師法

■作業療法士

■理学療法士


■臨床心理技術者


■管理栄養士 栄養士法に基づく 栄養指導を行う。
○行政機関における専門職
 福祉事務所の現業員
 査察指導員、
 社会福祉主事、児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司
 保健所の医師、保健師、作業療法士
 保護観察所の社会復帰調整官
 労働行政機関等の障害者職業カウンセラー、職場適応援助者(ジョブコーチ)
 
 精神保健相談員は 都道府県、市町村の相談支援専門員
 精神保健相談員は 知事、市町村が任命する

○民間施設における専門職
施設長、生活指導員、社会福祉協議会の職員、地域包括支援センターの職員
相談支援専門員、サービス管理責任者、居宅介護従事者

事業所ではサービス管理責任者が利用者のアセスメントや
サービスの個別支援計画を作成

○権利擁護の概念と範囲
  • 自己決定、
  • 意思決定能力
  • 権利擁護システム
  • アドボカシー
シチズンアドボカシーは法の問題点を市民が吟味指摘すること
クラスアドボカシーは同様のニーズを持つ特定の層での変革を目指すこと
セルフアドボカシーは当事者側からの権利主張のこと
アドボカシーとは生活支援のための幅広い積極的な実践内容 単なる代弁ではない
権利擁護の機能 発見 調整 介入 対決 変革
  • コミュニティソーシャルワーク
インフォーマルケアを十分に考慮にいれて、
公的サービス、民間サービス等との間にパートナーシップをもつこと

マルチ ディシプナリ モデル 固定的 相互作用が小さい
インター ディシプナリモデル 一つのゴールに対して緊密な連携
インターグループワーク 地域組織活動の連携技術。
トランス ディシプナリ モデル 役割が流動的 意図的な役割解放

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます