include.h

副交感神経が働かないから困ったな病
記名力、無動無言症、意識障害などを、自律神経系では発汗や、体温異常、頻脈、高血圧などを呈します。また摂食中枢が障害されることで痩せが出現し、飽満中枢が障害されることで肥満を招きます。体温異常では発作性低体温、変動体温、発作性高体温、持続性高体温、持続性低体温が示されます。水代謝の異常では、無飲水性高ナトリウム血症、中枢性尿崩症
錐体外路障害 パーキンソン 嚥下

摂食障害とは生理的には、視床下部の満腹中枢か空腹中枢に
一時的な異常をきたしているか、あるいはそのあたりの発達が充分でないため
比較的小さなストレスでも調節がうまく取れなくなってしまう
視床下部には、内分泌機能、自律神経機能、体温調節、摂食・飲水・睡眠・情動行動など多くの機能の中枢が存在します。
このため、何らかの原因でこの部に病変を生じるとこれらの機能に障害を呈します。

これらを総称して、「視床下部症候群」といいます

おいしさとはオレキシン→ドーパミン→ベンゾジアゼピン カンナイノイド オピオイド βエンドルフィン

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sgf/18/2/18_1...
好きなものを食べるととまらない理由

執着することについて 寂聴さんに語ってもらう。

瀬戸内寂聴氏(以下、寂聴) わたくし出家してね、徹底して肝に銘じていることはね、人間は孤独だということなんです。人間は孤独だから、本来孤独だから、孤独が寂しいから、愛する人を求めるんですよ。
そして、話を聞いてくれる人が欲しい。それから愛したら抱擁したい。抱き合いたい。そして、お互いがお互いで体で温め合いたい。これがSEXになるわけですね。
ですからそれは、孤独だからなんですね。しかし孤独はね、一緒に抱き合って、一緒に寝てまで孤独なんですよ。

ぶれーき CRH

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)・ウロコルチン(UCN)系
CRH(corticotropin-releasinghormone)は主に 1型受容体(CRHR1)と、UCN や UCN靴 2型受容体(CRHR2)と親和性を示す。CRHニューロンは室傍核に存在し、下
垂体からの ACTH放出に関与する。また、摂食抑制や熱産生にも関与している。UCN兇魯好肇譽恒答からの回復期に重要な役割を果たしていると考えられている。UCN兇蓮
室傍核、弓状核、脳幹の青斑核などに認められ、摂食抑制に関与している。
http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_201705181744...

摂食抑制ホルモンであるレプチン

摂食障害 

エビデンスのある精神療法ということでは、
たとえば、「拒食症」に対しては現在までに
エビデンスのある治療法は確立されていませんが
「過食症」に対しては、認知行動療法と「対人関係療法」が
治療効果が実証されています。
外部から強制したり教え込ませるといった方法では、患者の心の持ち方や考え方を変えることはできません。
本人自身が「これまでの考え方を変えて自分で心の病気を治したい!」と決意しなければ、周囲からどのような対策を講じても根本的には解決しない

摂食障害を克服するためには、以下のようなことが必要です。

摂食障害は病気だと認識する
治療で体重が増え始めても、怖がらず食べるのを止めない
体重を測るのは、決まった曜日の決まった時間にする
食事はできるだけ30分以内で食べる
自分を卑下しないようにする
完璧主義をやめる
不安や自信のなさを相談できる人を探す

<緊急入院治療の適応>
全身の衰弱が激しい(立っていられない・階段が上がれない)
重篤な合併症を併発(低血糖による昏睡・心不全や腎不全・感染症など)
標準体重(身長×身長×22)に対して55%以下の痩せがある(160cmの場合標準体重は56圓如△修55%は約30圈

摂食障害(神経性食思不振症)
ボディイメージの歪み
過度の運動
自己誘発性の嘔吐
下剤の多用

睡眠障害

概日リズムの障害=視床下部の問題
A.不眠症の定義:
夜間中々入眠出来ず寝つくのに普段より2時間以上かかる入眠障害、一旦寝ついても夜中に目が醒め易く2回以上目が醒める中間覚醒、朝起きたときにぐっすり眠った感じの得られない熟眠障害、朝普段よりも2時間以上早く目が醒めてしまう早朝覚醒などの訴えのどれかがあること。 そしてこの様な不眠の訴えがしばしば見られ(週2回以上)、かつ少なくとも1ヵ月間は持続すること。不眠のため自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられること。などの全てを満たすことが必要です。 
なお精神的なストレスや身体的苦痛のため一時的に夜間良く眠れない状態は、生理学的反応としての不眠ではありますが不眠症とは言いません。



B.過眠症の定義:
日中に過剰な眠気または実際に眠り込むことが毎日の様に繰り返して見られる状態で、少なくとも1ケ月間は持続し、そのため社会生活または職業的機能が妨げられ、あるいは自らが苦痛であると感じるものです。 ただし一回の持続期間が1ヵ月より短くても繰り返して過眠期がみられるものも含みます。

クライン・レビン症候群症候群  過食と傾眠発作を繰り返す症候群である。若年男性(10-20歳)に好発する

精神障害に関連する睡眠障害

特にうつ病の場合は入眠困難、中間覚醒、早朝覚醒などの不眠症状が見られることがしばしばあります。
しかし季節性うつ病などでは過眠や過食を伴うことがあります。
躁病患者は夜間の睡眠時間が非常に短縮しても活動を続けますが、自覚的には不眠の苦痛を感じません。
DSPS
統合失調症で意欲が低下し周囲に対する興味・関心が乏しくなると睡眠相後退症候群を呈することがよくあります。
緊張性興奮状態では不安・幻覚・妄想等のため著しい不眠を来しがちです。
睡眠相後退症候群は、夜型リズムの生活を続けることによって発症する
「早く寝ようと思っても夜中にならないと眠れず、朝は目覚まし時計をいくつ用意しても起きられない。起きるのはどうしても昼過ぎになってしまう……」
ひばり-ふくろう(Horne-Ostberg)型質問紙法は、
「夜型」と「朝型」の時間型を評価するために有用な手段である。概日リズム睡眠障害・睡眠相後退型患者は、明確な夜型と採点される

統合失調症におけるスピンドルの消失(第2段階に移行しない)

spindle(紡錘波) は睡眠の第二段階(Stage-2)を決定付ける律動波です
●統合失調症における睡眠障害とその治療
小鳥居 望  内村直尚
ポリグラフ所見に関しては,徐波睡眠の減少という所見に加え,スピンドルの減衰が加えられた。
徐波睡眠の減少やスピンドルの減衰は認識機能障害と相関の関係にあり,統合失調症における記憶固定に極めて重要な役割を演じる。
睡眠障害を治療することは,統合失調症患者において治療ターゲットといえる。

身体的疾患に関連する睡眠障害

アルツハイマー型痴呆、脳血管性痴呆、パルキンソン病など脳の器質性障害に伴って
不眠や睡眠時無呼吸、過眠が見られること

薬物に関連する睡眠障害

抗けいれん薬、抗不安薬、抗精神病薬の過量投与により日中の眠気が増強されることがあります。 
またその中断により反跳性不眠が見られることがあります。
 精神賦活剤の過量服用により不眠が起こることがあります。 
ベンゾジアゼピン系睡眠誘導剤により夢中遊行が引き起こされることがあります。
アルコール乱用とその中断により著しい不眠を伴うせん妄状態がみられることがあります。
このほかにも抗パーキンソン病薬、抗がん薬、ホルモン剤など一般に用いられている薬剤によっても睡眠障害が引き起こされることがあります。

DARC
ダルク(DARC)とは、
 ドラッグ(DRUG=薬物)のD
、アディクション(ADDICTION=嗜癖、病的依存)のA、
 リハビリテーション(Rihabilitation=回復)のR、
 センター(CENTER=施設、建物)のCを
 組み合わせた造語で、
薬物依存症リハビリ施設です。

タンクベッド睡眠で十分寝ましたから

NMDAと不眠症

不眠症にはグルタミン酸とGABA(ギャバ:ガンマアミノ酪酸)のバランスの悪さが大きく関係しています。
グルタミン酸は脳を興奮させるタイプの神経伝達物質で、これが過剰になると脳が興奮して眠れないという状態になります。
また、グルタミン酸による脳の過剰興奮は神経細胞死(アポトーシス)を引き起こし精神疾患などの原因となります。
http://kawasechiro.sakura.ne.jp/sleep.html

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます