双極性障害は単極性うつ病と比べると、再発率が高い
うつ病と診断されてから双極性障害に書き換わる人も多い。
双極性障害の3〜4割は、何らかのパーソナリティ障害を合併
陥りがちな思考パターンには、「絶対思考」、「視野狭窄」、「結論への飛躍」、「誤認」の4つ

双極儀疹祿欧蓮典型的な躁状態とうつ状態を交互に繰り返す病気

仕事や暮らしに大きな支障が出たり、良好な人間関係が保てなくなって、入院が必要となることもあります。
再発を繰り返すのも特徴です。

双極況疹祿欧蓮軽躁状態とうつ病をくりかす病気

‘院を必要とするほど重篤ではない、
幻覚や妄想などが存在しない、
持続的に高揚した開放的な気分が少なくとも4日間以上ある

いらだち、怒り、幸福感などの気分の記録を毎日つけるなど、気
分をモニターする方法が必要である。

» 規則正しい睡眠サイクルの維持が重要である(毎晩同じ時間に布
団に入る、病前と同じ量の睡眠をとるよう努める、普段より短時
間の睡眠は避けるなど)。

» 睡眠が短くなる、浪費が増える、普段よりもエネルギーに満ちて
いる感覚があるといった症状が再発した場合、これに気づき、治
療を再開することにより再発を予防する必要がある。

» 躁状態にある人は、自分が病気であるという病識がなく、むしろ
幸福感と高いエネルギーを享受している。よって、再発予防策に
はケア提供者を必ず含める。

» アルコールや他の精神作用物質の摂取は避けるべきである。

» 生活習慣の改善は必要なだけ、つまり場合によっては永久に続け
なくてはならないため、持続性を考慮した計画を立てるべきである。

» 重要なライフイベント(死別など)の後には、支援を求め、家族や友人と話をするように勧めるべきである。

薬物

急性の躁の治療には、リチウム、バルプロ酸、カルバマゼピンまた
は抗精神病薬を考慮する。リチウムは、臨床かつ検査室での血中濃度
のモニタリングが可能な場合のみ検討

リチウムには脳内の記憶や感情をコントロールする海馬という領域で、新しい神経細胞をつくる働きを促進する作用がある
バルプロ酸は、不快さを伴う躁のときによく用いられる
重いなら抗精神病薬の登場

双極性障害のある人は、躁を誘発するリスクがあるため抗うつ薬、
特に三環系抗うつ薬を単体で服用すべきでない
抗うつ薬服用中の人に躁が発現した場合、リスクのバランスに応じて抗うつ薬の使用を中止する

双極性における眼窩前頭皮質の関与

 脱抑制っぽいもの
 眼窩前頭皮質の損傷は、一般的にある種の脱抑制行動を引き起こす。
 例えば、過度に悪態をつく、性欲過多、社会的対話の欠如、賭博への衝動、アルコール、煙草、薬物の摂取過多、共感能力の欠如などが起きる
 衝動的な決断や、経済感覚の欠如などの症状
 うつではここの血流は低下しない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます