自傷行為の原因

第1種知的障害の定義

 肢体不自由、盲、ろうあ等の障害を有し、知能指数がおおむね50以下の者であって、日常生活において常時介護を要する程度
 もしくは知能指数がおおむね35以下の者であって、日常生活において常時介護を要する程度のもの

第2種知的障害者とは、前号以外の者をいいます。


知的機能は
知能検査によって測られ、知能指数(IQ)70以下を低下と判断します。
IQ値によって、軽度・中等度・重度と分類されることもあります。
重い運動障害を伴った重度知的障害を重症心身障害と表記することもあります。

適応機能とは、
日常生活でその人に期待される要求に対していかに効率よく適切に対処し、
自立しているのかを表す機能のことです。たとえば食事の準備・対人関係・お金の管理などを含むもので、
年長となって社会生活を営むために重要な要素となるものです。

知能水準がI〜IVのいずれに該当するかを判断するとともに、日常生活能力水準がa〜dの
いずれに該当するかを判断して、程度別判定を行う

知能水準の区分
I ・・・ おおむね20以下  最重度
II ・・・ おおむね21〜35 重 度
III ・・・ おおむね36〜50 中度知的障害
IV ・・・ おおむね51〜70 軽度知的障害
*身体障害者福祉法に基づく障害等級が1級、2級又は3級に該当する場合は、一次判定を次のとおりに修正する。
・最重度 → 最重度 ・重 度 → 最重度 ・中 度 → 重 度

■田中ビネー知能検査 V(ファイブ)
2歳から成人まで受けることができます。就学する5〜6歳の年齢にフォーカスをあて、特別な配慮が必要かどうかを判断するための「就学児版田中ビネー知能検査V(ファイブ)」という検査もあります。子どもが興味を持てるように、検査に使われる道具が工夫されています。日常生活において必要な知能と、学習する上において必要な知能の2つを測定します。

■新版K式発達検査
生後100日頃から14歳くらいまでの人が受けることができます。、「姿勢・運動」(P−M)、「認知・適応」(C−A)、「言語・社会」(L−S)の3領域について評価されます。3歳以上では「認知・適応」面、「言語・社会」面に、重点を置かれ検査します。楽しみながら検査を受けることができるので、緊張していない自然な行動から判断することができます。試験者は子どもの検査結果だけでなく、言語反応、感情、動作、情緒などの反応も記録し、総合的に判断します。

■ウェクスラー式知能検査
ウェクスラー式知能検査は、年齢ごとに3つのテストに分類されます。
・幼児(3歳10ヶ月〜7歳1ヶ月)→WPPSI
学生児(5歳から16歳11ヶ月)→WISC
成人(16歳〜)→WAIS
IQが求められるだけでなく、脳の発達具合を下位検査を用いて導出し、総合的に判断

あああ

あああ

感染症によるもの(胎児期の風疹や梅毒、生後の脳炎や高熱の後遺症など)

中毒症によるもの(胎児期の水銀中毒や生後の一酸化炭素中毒など)

外傷によるもの(事故や出産時の酸素不足など)

 ●脳性まひ
 ●症候性全般てんかん
  レノックス・ガストー症候群 脳に酸素・血流がいかなかった けがをした
  ウエスト症候群 てんかん

ダウン症候群 原因疾患

 ダウン症の子供の数は、倍増している
 新生児約700~800人に1人 日本は約5万人
 ●発症 21番染色体の異常 運動発達の遅れや知能の遅れが生じる。
 ●診断 妊娠11週頃に絨毛検査で確定的に診断できる
  羊水検査では羊水中に浮かんでいる赤ちゃんの細胞を採取します
  じゅーもー絨毛検査では絨毛という組織を採取することで調べられます
  小腸などにある細かい毛のような突起
 ●特徴
  何でも口に入れてしまう
  運動能力が低い
  自己中心的な情緒傾向 あきやすい
  意思を上手に伝えることができない

フェニルケトン尿症 

 1万人〜1万5千人の新生児に一人
 ●発症 
  食品の蛋白質に含まれている必須アミノ酸のフェニルアラニンをチロシンという別のアミノ酸に変える酵素の働きが生まれつき弱い
  髪の毛や皮膚の色は薄くなる。
 ●症状 
  酵素の機能的欠損により生じる。早期に治療が必要。原因疾患の一つ。
 ●予防
 低フェニルアラニン食事療法によって血液中のフェニルアラニンを一定の範囲にコントロールすることで発症を予防
 タンパク質を制限してフェニルアラニンの摂取を押さえ、不足する他のアミノ酸を治療粉乳で補う食事療法
 肉、大豆、乳製品などはコントロール対象

メープルシロップ尿症などもある

結核性硬化症 原因疾患

 原因疾患。指定難病 1万人に1人
 ウエスト症候群に移行しやすい
 ●発症 TSC1(染色体9q34)とTSC2(染色体16p13.3)のいずれか一方に生じた変異により遺伝子の発現
 ●症状 
  知的障害とてんかんは結節性硬化症の古典的三徴のうちのふたつ
  患者の大多数には何らかの皮膚症状が認められる。網膜の形成異常 歯の形成異常
  腎実質内の形成異常で、周囲の腎組織を圧迫して高血圧と腎機能低下
  労作時呼吸困難 体の動きが激しくなることで息苦しくなる症状
  シャグリンパッチ 表面は碁石状、豚皮様または蜜柑の皮様である
 ●予防 抗てんかん薬の予防投与が第一に選択
 てんかん、発達障害、呼吸困難、腎機能低下など個々の患者の症状や障害に応じた環境整備や生活・職業上の支援が求められる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます