音楽幻聴

と難聴には、密接な関係があります。
音楽幻聴など耳鳴りでお困りの方は、同時に難聴を患っているケースがほとんどです。
逆に、難聴と診断された方には、音楽幻聴や耳鳴りの症状が高い頻度で出現します。ですから、音楽幻聴の症状が出た場合は、難聴を疑う必要があります。
難聴は、人との会話で声が聞こえにくい、また高音だけ聞き取れないなどタイプがありますが、「聞こえない」という問題をかかえた疾患です。
音楽幻聴などの耳鳴りは、雑音が聞こえて困るというものです。たとえば、ラジオの周波数が合っていないと、ノイズに邪魔され放送が聴き取れない状況に似ています。
難聴にも種類がありますが、「突発性難聴」は聞こえ方の異常が突発的に出ます。症状は明らかで気づかないことはないので、すぐに医療機関を受診することが大切です。放置すると完治が難しくなると言われていますので、気をつけましょう。
音楽幻聴の症状が持続的に出ていても、「とくに苦にならない」という方は、そのまま過ごしている場合もあるでしょう。老人性の難聴などは、加齢につれ自然と出現することもあります。高齢の方は、高い周波数の音が聞き取りにくくなるといいます。
ただ、生活に支障はなくても「今までと音が違う」「音の種類が増えた」というように、明らかな変化がみられた場合は、耳鼻咽喉科を受診するのがよいでしょう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます