阻害要因

  1. ストレスホルモンは肝臓の負担をかけ腎臓を悪化させる。
  2. 不眠症 さみしいから 概日リズムの維持参照
  3. 食生活 B1不足(お酒)利尿剤 アルコール依存症等参照 
    1. 嚥下 お肉 チーズ不足 =亜鉛不足 ビタミンB6→腎機能とドーパミン産生
    2. 甲状腺ホルモンの低下はNG ひじき、わかめ、のり、寒天
※食事は生きるための栄養補給であると同時に楽しみです。
施設、少なくとも自分の勤務先では寝た時間の方が多い方の場合は、「食事=美味しく・楽しく」の方に重点をおきます。
柔らかく、一口大などなるべく食べやすい形状にして出しますが、食べられる量でいいとしています
  1. 薬害
    1. ジスキネジアに対するレポドパ 医学的根拠=B12不足を生むため 
    2. 失語症に対する塩酸ドネペジルとメマリー 医学的根拠=眠れて居ない人にコリンエステラーゼを使ってはいけない 重度のせん妄の場合 死亡する


のーせいまひ って

「受胎から新生児期までの間に生じた、脳の非進行性病変に基づく、
永続的な、しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。
進行性疾患や一過性運動障害、または将来正常化すると思われる運動発達遅滞は除外する。」
厚生省脳性麻痺研究班 1968

病気じゃない 出産前後に脳の一部に傷がついたための後遺症です 
脳性まひの障害は、運動まひが主です
むやみに「頑張りなさい」などと、口やかましく言わないでください。
http://osaka-drc.jp/about/faq.php



Cardwellは重複機能不全が脳性マヒに一般的であることを報告している。そのうち50%は視覚障害をもっている。25%は聴覚障害をもっている。50〜75%は言語障害をもっている。そして50%はけいれん障害をもっている。
 ほかの研究者たちも脳性マヒ児の合併した感覚および知覚─運動機能不全を研究した。見積られた聴覚喪失は、10%もの低さから41%にわたっていた。しばしば引用されるNew Jersey Studyは、アテトーゼの22.6%に聴覚障害のあることを報告している。研究された集団では、失調は18.4%、強剛は13.7%、痙直型は7.2 %であった。

関連疾患名と略称

脳室周囲白質軟化症 (のうしつしゅういはくしつなんかしょう、periventricular leukomalacia, PVL)7〜8割程度の確率
PVLは視空間スキルに問題が生じやすい。

〇覲仂祿
難聴 8.5% 
 Fisch はイギリスで行なった調査で、脳性マヒ児の20%に聴覚喪失を見いだした。
コミュニケーション障害 42% 原因は´

い討鵑ん 発症率 4割 両麻痺より片麻痺、四肢麻痺に多い
ナ弔修性呼吸障害 20% ジストニアなどによる
τ覯湿祿押
側弯症

運動障害

発達(首が座る、這い這いする、手で握る、立つ、歩くなど)

合併症

てんかん ジストニア おちつかない
運動発達障害
知的障害 わからない 環境の意味が理解できるように生活歴を大事にする
発達障害 にがて ボタンをかけることができない、靴の左右を度々まちがえる、箸を使えない等の微細運動(手先の操作)
視覚障害 50% アーレンシンドローム まぶしい
聴覚障害 25% きこえない

情緒・行動障害 自閉症 うるさい


認知・行為障害,情動・行動障害,てんかん、など多方面にわたる問題点も合併する(左図3)。
その為に、いろんな方面からの care が必要となる。

言語障害

アルコール依存症を参照?

認知機能


認知症を参照
  1. MCI 軽度認知障害 可逆的なので認知症ではない。5年で半数以上が認知症を発症する
  2. ATD 67.4 アルツハイマー アミロイドβたんぱくしつの沈着 全般性脳萎縮
  3. DLB  4.6 20%とする説の方が正しそう レビー小体型認知症  幻視が特徴的に発生する。分かりやすさ重視の為PDDは、DLB説で考えておく
  4. VaD 18.9 脳血管性 といいながらアルツハイマーの人もいる まだら認知症ともいう。失禁を認める。器質性 脳虚血などに関連
  5. FTLD 1.1 前頭側頭葉変性症 ピック これも場合によっては詳しく考えたい。抑制がなくなる。感情失禁 
  6. アルコール依存症等に関連するもの
  7. パーキンソン病 認知症に含めない方がいい気がする。認知症を認める場合をPDDという
  8. 水頭症 髄液シャント術で治療、脳神経外科で施される 完治するというのはちょっとどうかという意見が正しそう。

PEG

口から食事のとれない人、飲込む力の無い人のために、直接、胃に栄養を入れるためのおなかに小さな「口」を作る手術です
    1. ビタミンB12の吸収障害
 普通に食事をしていても、低下するケースがあります。ビタミンB12は小腸で吸収されるのですが、その際に胃壁から分泌される内因子という物質が必要となります。
胃を切除された人や慢性的に胃炎がある人は、この内因子の不足によってビタミンB12の吸収障害をおこし、結果的に低下します。胃炎であれば、胃の治療が必要ですし、胃切除の方はビタミンB12を注射する必要があります
https://higashiohdoorinaikaclinic-niigata.com/topi...
口から食事のとれない人、飲込む力の無い人のために、直接、胃に栄養を入れるためのおなかに小さな「口」を作る手術です

オストメイト

 別紙参照 オストメイトについて
 別紙参照 糖尿病性腎症について
別紙参照 肝機能について B6をとれ
別紙参照 甲状腺ホルモンについて ひじき食べろ
別紙参照 排尿障害について 抗コリン薬は禁忌

てんかんの治療 

長期間の服用では、肝機能の低下、白血球減少、脱毛などがあります。
また、抗てんかん薬によって、体重増加、食欲低下、体重減少、発汗低下、歯肉増殖などの副作用が出ることもあります。
  1. 肝機能の低下
    1. 胃や腸で血流のうっ滞が起こります。→[PEG>>胃瘻]

概日リズムの維持 昼の閉じこもり 室内の照明では100ルクス 屋外は1万ルクス

ジスキネジア症候群

アテトーゼまたはジスキネジア症候群は,症例の約20%
※ジスキネジアの場合レポドパを服用することから想定して、楽しいことをすると落ち着くと思われる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます