骨粗しょう症 と姿勢反射障害

直接原因

 骨粗しょう症性の圧迫骨折
 女性ホルモンの低下
 脳卒中片麻痺 VaD DLB パーキンソン病
脊髄前角から出る下位運動ニューロン、または筋を支配する上位運動ニューロンの障害による痙性麻痺。
脳内ドーパミンの不足とアセチルコリンの相対的増加によるパーキンソン病。
小脳が障害を受けることによって発生する小脳性運動失調。
延髄の延長上に存在する錐体外路系変性障害。

肩甲骨を寄せると同時に頭をゆっくり後ろにそらした状態で約1分
下腿三頭筋 下肢屈筋群

気をつけること

 内臓への影響:逆流性食道炎
太ももの付け根 
腕の付け根
手首
1.容姿が変わる
(背骨の骨折が起こることで、背中が曲がる)
2.骨折が起こり、寝たきりになることで…
1)自分が思うように生活できなくなる
2)介護で家族に迷惑がかかる
3)医療費がかさむ
3.死亡のリスクが上がる

できること

 姿勢 つま先で立ってそのままの姿勢で足を下ろすと姿勢が保持できるらしい
 腹筋・背筋トレーニング
重量挙げのような負荷の大きい運動ほど有効ですが、
ふつうは散歩やゲートボールなどの趣味の範囲でじゅうぶんです。
家事で毎日こまごまと動くことでも骨を強くできます。大切なことは、毎日楽しみながら続けること
 アンドロゲンについて→副腎ホルモン

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます