副腎皮質ホルモン(ふくじんひしつホルモン、英語: Corticosteroid)

は、副腎皮質より産生されるホルモンの総称である。
炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系に関わっている。
ストレス、侵襲などさまざまな影響によって分泌され、医薬品としても使用される。

ステロイド剤は下垂体のCRHの分泌を減らす

フルオメソロン リンデロン 等
外部からステロイドを投与されると、一過性にステロイド過多となるため、
CRH分泌量が減少する ACTH分泌下がる アルドステロン減る 血圧減る
目の炎症をおさえて症状を和らげる

普通のストレスの場合↓
脳の視床下部がストレスを感知すると、CRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)を放出して脳下垂体へストレス刺激を伝達する。
下垂体はACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を分泌し、これを受け取った副腎皮質がコルチゾールなどの副腎皮質ホルモンを血液中に放出。この結果、血中の糖が増えたり、免疫力が低下する。
ステロイド剤を使用した場合↓副腎皮質刺激ホルモンの放出は抑えられる
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の合成・分泌も促進される アルドステロン上昇 血圧上がる

アルドステロン 血圧の上昇

「ナトリウムを体からでないようにして、血圧をあげる」
カリウムを体内から出す
腎に到達したカリウムは、糸球体をすり抜けた後、いったん大部分がナトリウムとともに再吸収され、
さらに今度はナトリウム再吸収と引き換えに排泄される。
尿量やナトリウム量が多いほど、そこでのナトリウム/カリウム交換が活発に行われ、カリウム排泄が多くなります。

抗アルドステロン薬であるスピロノラクトン(アルダクトンA)は、別名:カリウム保持性利尿薬ともいわれる。
腎臓の輸入細動脈の壁にある傍糸球体細胞からレニンが分泌され、
血液中のアンジオテンシノーゲンからアンジオテンシンIという物質をつくります。
アンジオテンシンIはアンジオテンシン変換酵素(ACE)によりアンジオテンシンIIに変換されます。

アンジオテンシンIIは全身の動脈を収縮させるとともに、副腎皮質からアルドステロンを分泌

アドレナリン ノルアドレナリン

http://www.serotonin-dojo.jp/article01.html
ノルアドレナリンはストレスに関係する神経になります。
不快なストレッサーが、外部から人間の内部に加わった場合、最初に反応するのがノルアドレナリン神経です。わかりやすく言えば、脳内の危機管理センターです。危機を察知すると、体の面では即座に血圧を上げたり、心の面では不安を感じさせたりする
セロトニン神経がコントロールすることができます。ですから、ドーパミン神経の「快」で舞い上がることと、ノルアドレナリン神経の「不快」で落ち込むこととの両方を抑えるという点で、セロトニン神経を活性化させることは重要

もともとはドーパミン もっと前はチロシン その前は納豆とかチーズ(セロトニンの原料でもあるのでバランスが取れるはず)
血管のα受容体に作用することで、全身の血管を収縮
消化管の平滑筋にはβ2受容体があります。これにアドレナリンが作用することで、平滑筋が弛緩し、消化に必要な蠕動運動などを妨げてしまいます。そのため、消化機能の抑制につながり
便秘の原因になりえる

コルチゾール

 炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。
3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。
ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。
また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されている
海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている。
コルチゾールが増えるとテストステロンの分泌が下がる。
コルチゾールは、糖新生を促進する作用があり、それによって上昇した血糖値を膵臓から分泌されるインスリンが下げようと働きますが、
これをコルチゾールはインスリン抵抗性によって抑制するため、血糖値がうまく下がらず、糖尿病を誘発

「副腎不全症」
 副腎皮質からのコルチゾール分泌量が減少して発症するのが、全身の疲労感、胃部不快感や食欲不振といった消化器症状などを伴う
慢性的なストレス環境では、副腎疲労が起きているのかは不明である。
 視床下部、下垂体、副腎系のホルモン調節に一時的な障害が起きることは分かっている
http://mainichi.jp/premier/health/articles/2016080...

副腎疲労からビタミンCを飲むのであれば、午後に飲む

副腎疲労の際に
摂取の目安は一日あたりビタミンC3000mg、ビタミンB51500mg、ナイアシン100mg、DHEAは男性は25mgから女性は10mg
とされる一方でそれは

午前5時から8時くらいからコルチゾールの生産と分泌が上昇するとともに副腎の働きが立ち上がり、昼に向けて上昇します。
その後、午後9時くらいにかけてコルチゾールの生産と分泌量は低下し副腎の働きも低下し、
就寝後から翌朝にむけての休息期にはいります。
つまり、これから1日がスタートするために「全能の臓器」とのいえる副腎にスパークが入る朝、
コルチゾールの分泌量を抑えてる充分量のビタミンCを飲んでしまうことは副腎の働きにも影響を及ぼす
逆に、夜間にストレスが多く感じられた日や、夜間にジムで筋トレをしコルチゾールが過剰に生産されたような場合では、
積極的にビタミンCを飲むことは、アドレナリンのダダ漏れの副腎興奮状態を抑えるためには有効とこの人は考えた
http://nutmed.exblog.jp/18750327/

アンドロゲン エストロジェンとテストステロンの元

シーソーの関係にあるのが、副腎や性腺(精巣や卵巣)で産生される弱い男性ホルモンの一種「DHEA」デヒドロエピアンドロステロン
DHEAの分泌はストレスで低下する
体内で男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンに転換する

エストロゲンが少ない理由

|棒だから。
年齢。
G召自律神経の乱れによりうまく機能しない 
た臾欧亮
ジ粁舛箸覆襯▲潺了世筌灰譽好謄蹇璽襪不足している
κ跳个鉾爾ね駛細胞が減少している

オピオイド系薬剤がエストロゲン テストステロンを減らすとの報告有り
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspc/20/1/20...
FDA勧告

オピオイド系薬の長期使用は,性ホルモンレベルの低下や,性的関心の低下,インポテンス,

不妊症などの症状をもたらす可能性がある。
http://www.nihs.go.jp/dig/sireport/weekly14/111606...
オピオイド系の食品は大丈夫なのかという疑問が生じる

♢セロトニン症候群
♢副腎機能不全
♢性ホルモンレベルの低下(アンドロゲン欠乏症)

グレープフルーツはエストロゲンを増やしテストステロンを減らす作用があり

ネギ属は、テストステロンの生成を促す。

東海大学の副学長で、生物理工学部の西村弘行教授は、「タマネギやニンニクなどのネギ属に含まれる“含硫アミノ酸”が、テストステロンの産生を活性化する」という動物実験での研究結果を報告した。 含硫アミノ酸の濃縮エキスを4カ月間、マウスに飲水させた比較実験では、
「濃縮エキスの“非投与”群の増加と比べ、“投与”群の血中の総テストステロンの値は2倍以上になった」
(西村教授)。同様に、同じネギ属のニンニクを使った実験でも、ほぼ2倍の差が出た

朝に取った方がよさそうなもの(ただし 多分 過剰摂取してはいけない)
アリイン ネギ属 ニンニク、エシャロット、タマネギ、あさつき、ニラ、らっきょう、長ネギに含まれる アリシンに変換される 過剰摂取は禁物らしい
メチオニン、かつおぶし  緑内障 統合 の人は要注意かもしれない 自律神経失調、うつなら推奨かな多分
システイン、肉類 動脈硬化に注意 糖尿病では選択しにくい したがってアルツハイマーでも選択肢にいれずらい
ホモシステイン、 動脈硬化に注意 糖尿病では選択しにくい したがってアルツハイマーでも選択肢にいれずらい
タウリン 貝類 かつお 鰤

テストステロンについて

良質な睡眠がとれると疲労やストレスが解きほぐされテストステロン値も高くなる
適度な筋トレやスローランニングなど テストステロン値も高くなる
テストステロンというホルモンが非常に低い状態でストレスを慢性に加えると神経細胞が死ぬ
テストステロンは哺乳類のオスの場合、睾丸で95%、副腎で5%分泌され、メスでは卵巣や副腎から、オスの5〜10%程度分泌されます。人間でも同様

増える要素 睡眠 運動 食事
 亜鉛(牡蠣) 納豆 チーズ 成人男性で10mg/1日、成人女性で8mg/1日
 朝 男性では日内変動(朝高く,夕方低下)が見られる
 ビタミンD 太陽 しいたけ等 
 ビタミンC
 とろろ 玉ねぎ
減る要素
 くすり レポドパ→亜鉛不足 ドーパミンは増えるのにテストステロンは減るという生物的にありえない状態
 ストレス 急激に減少すると男性更年期障害を起こします。
 コーヒー(タンニン) 亜鉛の吸収を50%低下
 夜
 菜食主義 脂肪分が摂取できない為、テストステロンは減る。
依存しているもの
 ドーパミン セロトニン ノルアドレナリン 増加 細胞の分裂 髪の毛 皮膚のつや
摂食行動への依存
 .謄好肇好謄蹈鵑無いとドーパミンが減る。
 ▲鼻璽僖潺鵑鯊召里發里琶笋うとする。

エストロジェンの不足に伴う自己免疫疾患

自己免疫疾患には、たくさんの種類がありますが、クレンペラーという病理学者が、皮膚、筋肉、骨、軟骨、関節など結合組織と呼ばれる組織に共通した変化がある病気を、
「膠原病(こうげんびょう:結合組織疾患)」と定義しました。
膠原病には、関節リウマチの他に、全身性エリテマトーデス、強皮症(きょうひしょう)など「膠原病類縁疾患」
橋本病、バセドウ病、重症筋無力症 関節リウマチは自己免疫疾患の一つ

いわゆる副腎疲労の定義

ストレスに抵抗するため、副腎が常に活性化している状態から疲弊するまでを含めた状態です。
抵抗期にはアドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなど副腎皮質ホルモンの分泌量が正常値より大幅に上昇します。
この状態が長期間続くと、副腎が完全に疲労困憊し、狭義の副腎疲労となります。

完全に疲弊した結果、副腎の機能が著しく低下
アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなど副腎皮質ホルモンの分泌量が正常値より減少

リン酸化はホルモン等の情報の伝達

ホルモンは血流に乗って体の各部の細胞に到達すると、細胞表面にある受容体タンパク質に結合します。
この時、受容体タンパク質の中にあるアミノ酸がリン酸化され、タンパク質の形が変わります。
引き続き、下流の別のタンパク質がリン酸化され、細胞の中へと情報が伝達されていきます。
この細胞内情報伝達に関わり、アミノ酸をリン酸化する酵素がプロテインキナーゼです。
逆に脱リン酸化することで情報の流れを止めるのがプロテインホスファターゼです。

骨粗しょう症 にビタミンDが必要な理由

DNAメチル化酵素は過剰なビタミンDに応答してプロモーター領域のDNAをメチル化し、CYP27B1遺伝子の発現を抑制して、ビタミンDの合成を止めます。
一方、DNA修復酵素は副甲状腺ホルモン刺激によって活性化し、メチル化されたDNAを切り出して非メチル化DNAと置き換え(脱メチル化)、
CYP27B1の遺伝子発現抑制を解除してビタミンD合成を誘導することを見いだしました。
また、マウス個体でも同様の仕組みが働き、ビタミンDの生合成を調節していることも確かめました
DNAメチル化を防ぐにはビタミンDが必要といえるか
http://www.jst.go.jp/pr/info/info679/

フリーテストステロン〔RIA〕 年齢別・性別における基準値 (メーカー参考値)

(単位:pg/mL)
年齢 男性 女性
20〜29 7.6〜23.8 0.4〜2.3
30〜39 6.5〜17.7 0.6〜2.5
40〜49 4.7〜21.6 0.3〜1.8
50〜59 4.6〜19.6 0.8〜1.7
60〜69 5.3〜11.5
70以上 4.6〜16.9

気持ちを落ち着け、心と体をおだやかにする漢方薬
 http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200050.h...
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200050.h...

勃起障害
 プリズマホルモン軟膏 10g
テストステロン補給
 グローミン 10g

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます