野口英世は○を○の病理組織内で発見した。
森田正馬は○患者にたいして、○の獲得を重視した○療法を提唱
呉秀三は、○の実態を報告して、1919○制定に寄与した。
クレペリンは内因性精神病を○と○に二大別した。
ブロイラーは早発性痴呆を○と○解明して批判した。
フロイトは○の概念を明確化し、○や○等の技法で無意識を意識化する○療法を創始した。

前頭葉を損傷すると○が欠如する。反社会的になる。○が低下する。○失語が起こる。○機能が障害される。
感覚性失語の部位は○。
頭頂葉は○感覚の中枢で、損傷すると、○が観られる。
後頭用を損傷すると、○認識や○の障害が起こる。
小脳を損傷すると、○や○機能の障害が起きる。

解離性障害は○を原因とする疾患である。
統合失調症は○を主たる原因とする精神疾患である。
双極性感情障害は、○を主たる原因とする精神疾患である。

症状性精神障害とは、身体疾患等によって精神症状が出現する
○を主たる原因とする精神障害である。

精神疾患の発症について、○ー○モデルが提唱されている。
1977年 ○ー○モデルが○(精神医学者)によってになななんとずばっと提唱され
○はこのモデルに従って○を開発した。

胎児性アルコール症候群は、母親の妊娠早期の○により
臓器奇形、○等の子どもが生まれることを言う。

ガンザー症候群は、ストレスや不安により的外れな○や○が見られる
解離性障害である。

レット症候群は生後○ヶ月以降の○に見られ、
両手をもみ合わせたり、たたいたりといった○運動
失調や不随意運動、○の合併が見られる広範性発達障害である。

トゥレット症候群は、小児期から青年期に発症し、
○と○を有するチック障害である。

一過性健忘は、○の病変虚血病変による一過性の記憶障害で
多くは不安や興奮を呈する。

身体化障害は○が十分に見出せないにも関わらず
さまざまな身体症状を反復して訴える○の一種である。

統合失調症の有病率は○%であり、発病率に性差が○。
性別では女性より男性の方が予後が○い。急性期には
○症状が、慢性期には○症状が優勢になる。シュナイ
ダーは○化声、○する声、○の声、○体験、感情や意
思や衝動の被影響体験、思考○、思考○、妄想知覚を
一級症状とした。○異常、○障害、○障害、意欲、行
動障害 感情障害 病識障害がみられる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます