脳幹の中脳の中の話

古い原始的な脳である
http://www.viva-solario.com/index.php?%EF%BC%A110%...
A10神経
 脳幹から視床下部・大脳辺縁系を通り大脳新皮質の前頭連合野まで伸びて側頭葉で終わる神経
 ドーパミンの経路

A9黒質緻密部
 尾状核行き パーキンソン病になると ここが機能低下する為、尾状核ドーパミンが低下する とおもわれる とおもっている たぶん
 http://www.blog.crn.or.jp/report/04/65.html
 あってた 
ドーパミンが減ると…
・忘れっぽくなったり、動きが鈍くなる
・集中力や注意力がなくなったり、無気力になる
・運動機能の低下や性機能の低下がおこる
・カフェイン・砂糖・刺激物に依存してしまう

老化現象のような状態になってしまいます。
ドーパミンは、加齢とともに減ってきます。
ビタミンB6がドーパミンとセロトニンの産生に関与している
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail149.htm...
◆ドーパミンが減りすぎると…パーキンソンやうつ病を引き起こします。

ドーパミンは、覚せい剤や麻薬類とよく似た構造をもっています。
なので、また気持ちよくなりたくなり一種のクセのようになってしまいます。
アルコールやニコチンは、ドーパミン産生を促進し脳内でドーパミン過剰な状態になります。それでも続けると、脳はドーパミンが十分にでているのに欠乏状態だと勘違いし、もっとドーパミンを補充しようとお酒やたばこを繰り返す中毒状態になってしまいます

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます