母子・寡婦福祉資金貸付金金がらみ

市役所で言われた信じられない言葉とは?
― お金のことをどこに相談したのですか?
ケガをした直後、私が住んでいる長崎市の役所の福祉課に相談に行きました。母子家庭は、公的な貸付制度を利用できるって知っていたので。
それは「母子・寡婦福祉資金貸付金」(以下、母子福祉貸付金)といって、母子家庭が金利ゼロ〜超低金利でお金を借りられる制度なんです。
― 「母子福祉貸付金」のことはどこで知りましたか?
離婚した際、長崎県の母子会(長崎県母子寡婦福祉連合会)に入ったのですが、そこで母子福祉貸付金の存在を教えてもらったんです。
― 市役所の福祉課に相談した結果、どうなりましたか?
それがひどいんです!聞いてください。
福祉課の窓口で相談したら、「あなたたちに贅沢させるために、私たちは税金を払っている訳じゃないんだよ!」と暴言を吐かれたんです。
それでも「どうにかなりませんか?」とお願いしたのですが、「保証人も必要だし、返済できるのか確証がない」と言われてしまって...。
さらに、長崎市役所から県庁まで書類を上げなくてはならないので、「仮に審査に通ったとしても、実際にお金を受け取るまで1ヶ月以上かりますよ」と突き放すように言われました。
私も、もっと粘って交渉すれば借りられたかもしれませんが、暴言を吐かれたことがショックで、それ以上お願いする気になれませんでした。
それに1ヶ月も待たされるなら、家賃の支払いに間に合いません。他の方法を探すしかありませんでした。

介護保険がらみ

介護保険事業で提供されるサービスは、社会福祉法で定められた第3者評価事業によるものではなく、介護保険法によって定められた介護サービス情報の公表制度に基づいて評価される。
■↑介護保険事業について掘り下げ
平成26年度改定で下記の要件を満たした場合、
精神科訪問看護は介護保険給付から医療保険(精神科訪問看護基本療養費)となる。
(精神科重症者早期集中支援管理料を算定する認知症は医療保険給付)
〈要件〉
【1】精神科訪問看護指示書が交付された場合
【2】地方厚生局に届け出た訪問看護ステーションの保健師、看護師、准看護師又   は作業療法士(次のいずれかに該当する者)が訪問看護を行った場合

■訪問介護と訪問看護の区別ができているか
訪問介護では、医療行為に当たることはできません
日常生活である入浴や食事の介助などはできますが、血圧を測定したり、床ずれの処置などはできません。一方訪問看護であれば医療処置やリハビリなども行うことができます。
初老期認知症
脳血管疾患
6攬兔明側索硬化症(ALS)
パーキンソン病関連疾患
ダ埒饐脳変性症
β新賄萎縮症
糖尿病性の神経障害・腎症・網膜症
閉塞性動脈硬化症
慢性閉塞性肺疾患
変形性関節症
関節リウマチ
後縦靭帯骨化症
骨折を伴う骨粗しょう症
脊柱管狭窄症 椎間板の変性などで腰痛を足の痛みを起こす
早老症
阿んの末期

以上の理由から
  • 初期の認知症については介護保険給付となる。
  • 40歳以上の関節リウマチなどの特定疾病の患者さんは、介護保険制度で認定された要介護度に応じて、予防給付と介護給付を受ける。
  • 私は要介護認定を受ければ、Г覆里撚雜酣定を受けるなら介護サービスの利用が可能
  • 39歳の特定疾病にかかった場合も介護保険が使えない
  • 40歳から64歳までの人は、介護保険被保険者証ではなく、加入している医療保険の被保険者証が必要


2005年10月
 介護保険施設などの利用者負担 補足給付について
 介護保険サービスにおいては、「居住費」や「食費」は、保険給付の対象外となり、在宅の場合と同じように、利用者の方にお支払いいただく
 その一方で低所得者等に対して、施設サービス・短期入所サービスの食費・居住費(滞在費)の
 一定の額を介護報酬で補足するものです。

 ■食費・光熱水費の補足給付
入所サービス、通所サービスを利用している障害者は、収入に応じて、施設利用にかかる食費・光熱水費などの
実費負担を軽くしてもらうことができます

 ■平成27年4月 
 預貯金等の金額を確認し、基準額1千万を 超える場合には負担軽減の対象外
 ■平成27年8月  一定以上の所得のある方は2割をご本人が負担 普通は1割
 特定施設入居者生活介護の介護報酬 53,700円/30日 

 介護保険見直し

ご家族(任意代理人)などによる申請は、委任状などの代理権がわかるものの添付が必要です

要介護認定申請

介護保険法第27条第1項のただし書きは、
要介護認定申請に関する手続を代わって行わせることができる者として、
指定居宅介護支援事業者や介護保険施設などを規定しているが
、全国介護保険担当課長会議資料(平成11年9月17日開催)は、
この規定は社会保険労務士法の特例であり、
「報酬を得て、業として(つまり、反復・継続して)、要介護認定の申請代行又は代理を行いうるのは、
社会保険労務士、指定居宅介護支援事業者及び介護保険施設に限定される」が、
報酬を受けないというのであれば、これら以外の者について、申請の代行又は代理を行うことは当然に可能である」としている。

  1. 要介護認定を受けようとする介護保険被保険者は、保険者(市町村及び特別区。以下、特に断らない限り「市町村」と略す)に対し、要介護認定申請を行う。
  2. 申請を受けて、市町村は被保険者宅(あるいは、入院・入所先)に調査員を派遣し、認定調査を行う。

生活保護を受けたいと役所へ申請すると
収入や貯蓄、保険加入状況などあらゆることを調べられる。
家族親族に手紙が発送される。
「ごんたさんを扶養できますか?」と。

日本では生活保護の受給に際し
ミーンズテスト(資力調査)が行われている。

  1. 同時に、市町村は申請書で指定された医師(主治医)に対し、主治医意見書の作成を依頼する。
  2. 認定調査結果と主治医意見書は、あらかじめ国の定めた基準により、介護にかかる時間(要介護認定基準時間)に評価される。(一次判定)
  3. 5名以上(更新申請の場合は3名以上)で構成される合議体にて介護認定審査会が行われ、一次判定結果および認定調査結果、主治医意見書を総合的に勘案し、要介護度および認定有効期間が最終的に判定される。(二次判定)
  4. 市町村は、介護認定審査会の二次判定結果を受けて、要介護認定の結果を被保険者に通知するとともに、介護保険被保険者証に要介護認定の結果を記載する。

要介護状態
「要介護状態」とは、身体上又は精神上の障害があるために、入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部又は一部について、
厚生労働省令で定める期間(原則として6ヶ月間)にわたり継続して、
常時介護を要すると見込まれる状態であって、
その介護の必要の程度に応じて厚生労働省令で定める区分(以下「要介護状態区分」という。)のいずれかに該当するもの
(要支援状態に該当するものを除く。)をいう(第7条第1項)。要介護状態には、
要介護1から要介護5まで5つの要介護状態区分が設けられている。
要介護状態にある被保険者を「要介護者」という(第7条第3項)。

要支援状態
「要支援状態」とは、身体上若しくは精神上の障害があるために入浴、排せつ、食事等の日常生活における
基本的な動作の全部若しくは一部について厚生労働省令で定める期間(原則として6ヶ月間)にわたり継続して
常時介護を要する状態の軽減若しくは悪化の防止に特に資する支援を要すると見込まれ、
又は身体上若しくは精神上の障害があるために厚生労働省令で定める期間にわたり継続して
日常生活を営むのに支障があると見込まれる状態であって、支援の必要の程度に応じて
厚生労働省令で定める区分(以下「要支援状態区分」という。)のいずれかに該当するものをいう(第7条第2項)。
要支援状態には、要支援1と要支援2の2つの要支援状態区分が設けられている。要支援状態にある被保険者を「要支援者」という(第7条第4項)。

制度の谷間になっている40歳以上65歳未満の末期がんについては介護保険による給付を早急に受けられるようにすべきとされ、
平成18年4月に末期がんを特定疾病に追加する対応が取られた

■自立支援医療の更新は一年おきだから おわすれなく
自立支援医療は精神疾患であれば、どんな疾患でも適用となる可能性があります。

実際の現場では、対象となる代表的な疾患としては、

統合失調症
気分障害(うつ病、双極性障害)
強迫性障害
知的障害(精神遅滞)
自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群など)
パーソナリティー障害
などが多くを占めます。しかし、それ以外でも

認知症などの器質性精神障害
アルコール・薬物などの物質使用による障害
てんかん
不安障害(不安神経症)
摂食障害(過食症・拒食症)
なども症状・経過によっては適用となります。

これらの疾患であれば全てが自立支援医療の適用になるわけではなく、主治医が「精神科的医療を長期継続する必要がある」と判断した方に限られます。これらの以外の精神疾患であっても主治医が自立支援医療の適用と認め、都道府県・指定都市もそれに同意すれば自立支援医療の適用となることもあります。

また適用となるのは症状が重い場合などに限りません。例え症状が落ち着いていたとしても、主治医が「再発の可能性があるから、引き続き医療を継続する必要がある」と判断すれば、自立支援医療の適用となります。

自立支援医療が適用となる医療の対象としては、外来で行われる全ての医療が対象となります。

具体的には、

診察費
お薬代
などの他、

デイケア
訪問看護
なども自立支援医療の適用となります

予防ケアプラン

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます