include.h

●参加者には不安がたまっている

ファシリテーターは不安について簡単に説明

●話し合いの過程を整える

誰かの声がかき消されるのを防ぐ為に動く。

参加者が口語に話を聞くように対話を構造化する。
プロトコルはシングルスレッドTCPIPである。
自分の考えを述べる機会が与えられる。
相手にコメントされることなく、声に出せる。
●計画を立てられるように援助する
「次回までに誰が誰と何を行うかについて
 もう少し時間を取って話し合ってもいいですよ」
 ミーティングの振り返りを促し計画が深まる
●考えをまとまるように援助する

 専門家の前で自分の考えを言葉にする不安をぬぐう

 
●質問はオープンで 間違った答えはない
 ポジティブな未来を想起させることを求めて
 近い未来を皆が一緒に考える。
●相互理解の促進
 参加者全員がみなの考えを何らかの形で取り込む
●現在の希望や不安について話せるように促す
 あたかもそのときに居るかのように
 「ちかい未来」のなかから話す。
●いきいきとポジティブな未来について語るようにエンパワする。
●家族の未来が話題の中心におかれる。家族メンバーのポジティブな日常

●危惧を抱いてミーティングを召集した人物を取り落としてはいけない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます