ビエラは千秋とデイケアをはじめた。

1 精神保健医療福祉の歴史と動向.

■2-2)精神障害者支援の理念


2-3)精神保健医療福祉領域における支援対象者  加筆 要

2-4)精神障害者の人権と尊厳 加筆 要


3 精神科リハビリテーションの概念と構成
3-1)精神科リハビリテーションの概念 リハビリテーションの歴史と概念 加筆 要

3-2)精神科リハビリテーションの理念、意義と基本原則

 
3-3)精神科リハビリテーションの構成と展開
4 精神科リハビリテーションのプロセス
ハビリテーション評価

4-1)リハビリテーション評価

4-2)アプローチの方法



5 医療機関における精神科リハビリテーションの展開と
チーム医療における精神保健福祉士の役割
作業療法及びレクレーション療法、集団精神療法、行動療法、認知行動療法、SST(社会生活技能訓練)

5-1)精神科専門療法

5-5)チーム医療の概要
5-6)多職種との協働・連携
5-7)代表的な実践モデル

実践モデル


6 相談援助の過程及び対象者との援助関係
6-1)受理面接(インテーク)インテーク 受理面接 関係作り

6-2)契約 リファーラル(紹介)
6-3)課題分析(アセスメント)ジェノグラム エコマップで社会資源を把握


6-4)支援の計画(プランニング)
「障害者自立支援法に基づく指定障害者支援施設等の
人員、設備及び運営に関する基準」第 3 条において個別支援計画は規定されている。

障害者の「個別支援計画」作成に向けての 現状と課題 津田 耕一
  • 「個別支援計画」は、家族や利用者に説明義務があ
り利用者の同意を得て、文書で交付しなければならな
らない
  • 利用者の意向と家族の意向が異なる場
合、利用者の意向を最大限尊重した支援を組み立てて
いきたい
  • 各支援者の価値観や考え方が優先し、ソーシャルワークの考え方や障害福祉の
理念が反映されないと利用者支援につながらない危険性がある。


6-5)支援の実施(インターベンション)危機介入
6-6)経過観察(モニタリング)
6-7)効果測定と支援の評価
6-8)終結とアフターケア
7 相談援助活動のための面接技術
71)面接を効果的に行なう方法 面接技法 生活場面面接

8 相談援助活動の展開(医療施設、社会復帰施設、地域社会を含む)
8-1)個別支援の実際と事例分析
疾病及び障害に配慮した個別支援展開
精神障害者の主体性の尊重
個別支援の実際と適用分野
8-2)集団を活用した支援の実際と事例分析
疾病及び障害に配慮した集団支援の展開
集団を活用した支援の実際と適用分野[デイケアとグループワーク、SST(社会生活技能訓練)]
8-3)具体的事例検討
9 家族調整・支援の実際と事例分析
9-1)精神障害者と家族との関係
9-2)家族支援の方法 家族療法的アプローチ
9-3)具体的事例検討
10 スーパービジョンとコンサルテーション
10-1)スーパービジョンの意義、方法、展開
10-2)コンサルテーションの意義、方法、展開

11 地域移行・地域定着支援の対象及び支援体制
11-1)地域移行・地域定着支援の対象
11-2)地域移行・地域定着の体制 精神科病院の体制 地域移行・地域定着支援の体制
多職種連携(チームアプローチ)
包括型地域生活支援プログラム(ACT、PACT)
11-4)地域移行・地域定着に係る組織や機関
障害者総合支援法における協議会
11-5)地域移行・地域定着を推進する制度、施策
12 地域を基盤にした相談援助の主体と対象
13 地域を基盤にしたリハビリテーションの基本的考え方
14 精神障害者のケアマネジメ ント
15 地域を基盤にした支援とネットワーキング
16 地域生活を支援する包括的な支援
ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)
諸外国の実践例
わが国の実践例

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます